中心地システムの多極分散化あるいは一極集中化をめぐる動態モデル研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

中心地システムの多極分散化あるいは一極集中化をめぐる動態モデル研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
水野 勲(九州大学・文学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991
本文を見る

類似資料:

2
新首都・多極分散論 by 日笠, 端; 一河, 秀洋; 田中, 啓一
11
復権する地域経済社会 : 国際化・一極集中化の流れの中で by 鹿児嶋, 治利; 相原, 正; 細野, 義晴
6
逐条解説多極分散型国土形成促進法 by 多極分散型国土形成促進研究会
12
分散型異常診断システムの実用化に関する研究 by 松山 久義; MATSUYAMA Hisayoshi
2.
新首都・多極分散論 by 日笠, 端; 一河, 秀洋; 田中, 啓一
6.
逐条解説多極分散型国土形成促進法 by 多極分散型国土形成促進研究会
11.
復権する地域経済社会 : 国際化・一極集中化の流れの中で by 鹿児嶋, 治利; 相原, 正; 細野, 義晴
12.
分散型異常診断システムの実用化に関する研究 by 松山 久義; MATSUYAMA Hisayoshi