概日リズム異常動物モデルの作製と改善する薬物の開発に関する研究

閲覧数: 31
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

概日リズム異常動物モデルの作製と改善する薬物の開発に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of effective drugs on impairments of Circardian rhythms and anticipatory behaivior in old rats.
責任表示:
柴田 重信(九州大学・薬学部・助手)
SHIBATA Shigenobu(九州大学・薬学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1992
概要(最新報告):
ヒトを含む動物にはほぼ1日の長さを1周期とするサーカディアンリズムを示す現象が数多く見られる。このリズムの発生源である体内時計は視交叉上核(SCN)に存在する。今回、特にin vitro下でもSCNニューロンのロイシン取り込みにサーカディアンリズムがあり、移殖したSCNも時計の働きを示すことも明らかにした。外界の変化に合わせて体内時計のリズムを一定周期に固定する機構を同調機構という。この同調経路としては網膜から直接SCNに終わる経路(グルタメートやsubstanceP)と外側膝状体を経由してSCNに終わる経路(NYP,GABA)の存在が明らかにされている。そこでSCNニューロン活動、動物の輪回し行動のサーカディアンリズムを指標として、これら薬物の同調機構に及ぼす影響について調べた。その結果、グルタメートやsubstancePは明同調に関与し、NPY,GABAは暗同調に関与していることが明らかになった。一方、リズム障害としては、臨床的に問題となる時差ボケ、リズム異常を伴う睡眠障害、さらに老人性あるいはアルツハイマー型痴呆患者でしばしば観察される夜間徘廻などを伴うリズム障害が考えられる。今回著者は痴呆による夜間徘廻などのリズム障害の動物モデルを作製した。制限給餌はSCN非依存性のリズムを同調させた。毎日一定時刻に給餌を行うと、運動量の増大が給餌時刻前より起こり、翌日給餌を中止しても運動量は以前給餌した時間帯に増大する。この予知行動が老齢動物、またNMDA遮断薬のMK801投与により障害された。このモデル動物を使用し、抗痴呆薬の作用評価を行なった。arecolineやbifemelaneなどのいわゆる抗痴呆薬により改善されることを見い出した。この行動の神経機構についての研究はSCN非依存性の、つまり社会的同調の研究に大いに役立つ研究であると思われる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
生体リズム障害動物モデルの開発 by 大戸 茂弘; OHDO Shigehiro
2
痴呆に関する薬理学的研究 by 植木 昭和; UEKI Showa
2.
痴呆に関する薬理学的研究 by 植木 昭和; UEKI Showa
7.
生体リズム障害動物モデルの開発 by 大戸 茂弘; OHDO Shigehiro