Peptide YYの腹腔内臓器血流に及ぼす作用についての基礎的研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

Peptide YYの腹腔内臓器血流に及ぼす作用についての基礎的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Effect of Peptide YY on Intestinal and Hepatic Blood Flow
責任表示:
壬生 隆一(九州大学・医療技術短期大学部・助教授)
MIBU Ryuichi(九州大学・医療技術短期大学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1992
概要(最新報告):
雑種成犬を用いPYYの腸管および肝血流に対する作用を水素ガスクリアランス法を用にいて検討した.空腸血流はPYY800mg/kg/h投与により有意に減少した(p<0.01)。回腸血流はPYY100mg/kg/h投与より有意に減少した(p<0.05)。大腸血流は100,400,800pmol/kg/h投与時に,有意に減少し(P<0.05,P<0.05,p<0.01),またPYY800pmol/kg/h投与時には非投与群との有意の差を認めた(p<0.05)。肝血流はPYY投与で変化はなく,胆汁流量はPYY投与量依存性の減少がみられた。これらの結果より以下の結論を得た。 1.PYYは腸管の血流を抑制する。2.PYYの作用は腸管の部位において異っていた。3.PYYは肝血流へ作用を及ぼさず,その胆汁分泌抑制作用は主に他因子によるものと推察された。 PYYの腸管血流に及ぼす作用について,当初予備実験で予想されていた抑制作用がある事を明らかにした。またPYYの濃度を100,100,800pmol/kg/hと変える事により,当初予想しなかったPYYの作用の部位別差をも明かにする事ができた。 PYYは肝血流を抑制する事が予想されたが,実際はPYYは肝血流について影響を及ぼさないことを証明した。また当初は主な目的デはなかったPYYの胆汁分泌に対する作用について,その作用が量依存的に抑制する事を確認した。これらの結果より,PYYの胆汁分泌抑制作用は,肝血流の抑制を伴っておらず,作用機序が血流抑制を伴う膵とは異なっている可能性を示した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

11
小腸・大腸 腹腔・腹膜 by 飯島, 宗一
11.
小腸・大腸 腹腔・腹膜 by 飯島, 宗一