細胞内カルシウムイオンの変動を指標とした新しい制癌剤感受性試験

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

細胞内カルシウムイオンの変動を指標とした新しい制癌剤感受性試験

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Chemosensitivity test based on the intracellular level of free calcium
責任表示:
前原 喜彦(九州大学・医学部・講師)
MAEHARA Yoshihiko(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1993
概要(最新報告):
悪性腫瘍に対する化学療法の有効性を高めることを目的としていろいろな制癌剤感受性試験が開発され、臨床応用が試みられている。個々の癌組織の制癌剤感受性に基づいて投与薬剤を決定することは、今後の治療の進むべき方向であるが、現時点では万人が認める制癌剤感受性判定手段はない。本研究では、従来の制癌剤感受性試験よりさらに有用な制癌剤感受性試験を新たに開発することを目的とした。制癌剤感受性の指標として、新たに細胞内カルシウムイオンCa^<2+>濃度の変動に着目し、制癌剤感受性試験としての有用性をin vitroおよびin vivoの実験系で評価した。今までわれわれが行なってきた、in vitroのsuccinate dehydrogenase in hibition test(SDI法)、ATP法やin vivoのsubrenal capsule assay(SRC法)と比較を行なった。さらに臨床応用に向けて、迅速、簡便、確実な試験方法を確立することを試みた。 細胞内カルシウムイオンの変動が制癌剤による癌細胞の殺細胞効果とよく相関するという新知見を得て、細胞内カルシウムイオン濃度の変動が制癌剤感受性を判定する新しい指標として有用であることが明らかとなり、今後、有用な制癌剤感受性試験として応用できると考えられた。 現在、胃癌を中心とした消化器癌組織による制癌剤感受性を細胞内カルシウムイオンの変動を指標とした試験により判定し、臨床効果との相関を検討中である。 続きを見る
本文を見る

類似資料: