ヒト補体第4成分結合蛋白の研究

閲覧数: 17
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒト補体第4成分結合蛋白の研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Studies on human complement 4 binding protein
責任表示:
岡村 精一(九州大学・医学部・講師)
OKAMURA Seiichi(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1992
概要(最新報告):
1.ヒト補体第4成分結合蛋白(C4BP)の精製とそれに対する抗体作製:血漿をBaCl2沈澱し,Intralipidと結合させて超遠心分離,エタノール:エーテル=1:3で抽出し,これをDE52カラム,S400カラム,S300カラムを通してC4BPの単一ピークとした.精製したC4BPα鎖を家兎とマウスとに免疫して抗体を採取した.また,免疫したマウスの脾臓からリンパ球を採取して雑種細胞を形成しIgGモノクローナル抗体を作成した. 2.ヒトC4BP遺伝子の構造の解析:相似構造単位(SCR)と遺伝子との対応を検討したところ,C4BPの第1,3,4番目のSCRは,それぞれ1個のエクソンによりコードされていたが,第2番目のSCRは2個のsplitされたエクソンによりコードされていた.さらに,転写開始部位を決定して発現調節領域構造の解析を行い,C4BP遺伝子の上流域には急性期炎症蛋白遺伝子のプロモーターに共通する配列を認めた. 3.ヒトC4BP遺伝子の肝臓特異的発現とその調節:ノーザン法ではC4BP遺伝子の発現は肝臓のみで認められた.また,C4BP遺伝子はかなり分化した肝細胞で発現していることが示唆された.TPA,IL6,TNFによって発現増強が認められた. 4.自己免疫疾患患者の血液中C4BP濃度の測定:血液中C4BP濃度を抗体を用いて測定すると,活動性SLE患者やLACが検出される例では有意に増加していた.さらに,CRP,C3やCH50量と相関が認められた.ベーチェット病,大動脈炎,PSS,RA,MCTDでも増加していた.なお,肝硬変症では低下していたが,DICでは一定の傾向を示さなかった. 続きを見る
本文を見る

類似資料: