ストレス感受性豚のDNA診断

閲覧数: 26
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレス感受性豚のDNA診断

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
DNA Diagnosis of Porcine Stress Syndrome
責任表示:
伊藤 肇躬(九州大学・農学部・教授)
ITO Tatsumi(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1993
概要(最新報告):
PSE豚肉のような異常肉質を惹起しやすい傾向を有するストレス感受性豚乃至豚悪性高熱症は遺伝性疾患であって、その疾患の有無は現在ハロセン麻酔時の四肢のケイレン等の有無により判定されているが、遺伝学に立脚した判定法の開発が待たれている。筋小胞体のカルシウム・チャンネルであるライアノジン・レセプターの生理機能の異常により誘起される豚のストレス感受性乃至悪性高熱症の分子遺伝学的解析を行うことを目的として、ライアノジン・レセプター遺伝子のうち、そのfoot領域及びチャンネル部位に相当する部分をPCR法により増幅を行い、遺伝学的変異の有無を解析した。その結果、foot領域の少くとも一ケ所に変異箇所が存在することが見い出されると共に,PCR増幅物がcDNAの塩基数より明らかに多いことから、ライアノジン・レセプター遺伝子中にはイントロンが存在することも明らかにされた。また、ハロセン・テストにおいて陰性と判定される豚のゲノムDNAのPCR増幅物中にも陽性のそれと同様の変異が見い出されたことから、ゲノムDNAの解析法の方がハロセン・テスト法よりもストレス感受性豚検出法として優れていることが明らかとなった。これらのことから、ストレス感受性豚のDNA診断を目的とする特定DNA断片を用いたサザンハイブリダイゼーションによるDNA診断法開発への道筋が開かれようとしていることが示唆された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
植物病原菌類の分子分類基盤の確立 by 古屋 成人; FURUYA Naruto
6
日本型イネ間のDNA多型検出とマップの作成 by 吉村 淳; YOSHIMURA Atsushi; 岩田 伸夫
6.
日本型イネ間のDNA多型検出とマップの作成 by 吉村 淳; YOSHIMURA Atsushi; 岩田 伸夫
10.
植物病原菌類の分子分類基盤の確立 by 古屋 成人; FURUYA Naruto