ポリフェノールオキシダーゼを阻害する抗体ペプチドの作製

閲覧数: 12
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ポリフェノールオキシダーゼを阻害する抗体ペプチドの作製

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
PREPARATION OF ANTIBODY PEPTIDE INHIBITING POLYPHENOL OXIDASE
責任表示:
吉元 誠(九州大学・農学部・助教授)
YOSHIMOTO Makoto(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1992
概要(最新報告):
本研究は、食品の品質低下に関与する酵素の特異的阻害剤として、酵素に阻害活性を示すモノクローナル抗体ペプチドを利用することを目的としている。酵素としては、自然界に広く分布し、食品の酵素的褐変反応を触媒するポリフェノールオキシダーゼ(チロシナーゼ、EC1.14.18.1)を用いた。 ポリフェノールオキシダーゼ酵素標品(マッシュルーム由来;シグマ社)を精製後、10匹のマウスを免疫し、細胞融合を試みた。安定した特異抗体産生細胞は8個しか得られず、これらの細胞の産生するモノクローナル抗体の酵素に対する阻害作用も低かった。屠殺前の血清の抗体価も希釈倍率で約1000倍と低く、抗体価を上げるために、使用するアジュバント、免疫期間、免疫回数について検討したが好ましい結果は得られなかった。結論として、本酵素はマウスに対して免疫されにくい酵素であり、阻害活性を示す抗体を蛋白質分解酵素で分解し、阻害抗体ペプチドを得ることは因難であると判断した。 次に、動物細胞の系を用いずに短期間でFvフラグメントの多様なレパートリーが得られるという点で特に有利な大腸菌での発現を試みた。まず、免疫したマウス脾臓よりmRNAを調製し、これよりcDNAを作製してPCRで増幅した。Fv領域を増幅するために、各種合成プライマーの組み合わせを用いたが、それぞれにFv領域が増幅されており、このことはポリフェノールオキシダーゼに対する抗体のFv領域が多様なレパートリーとして増幅されていることを示唆した。今後これらの増幅されたFv領域の遺伝子をpGEX-3Xに組み込み大腸菌で発現させ、阻害活性を指標にスクリーニングし、得られた阻害フラグメントを出発物質としてさらに低分子化を試みる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

6
Antitumoric Potentiality of Enzyme Preparations of Pumpkin Ascorbate Oxidase and Shiitake Mushroom Polyphenol Oxidase by Omura, Hirohisa; Tomita, Yoshifumi; Murakami, Hiroki; Nakamura, Yasuhiko; 大村, 浩久; 富田, 純史; 村上, 浩紀; 中村, 泰彦
12
ヒト補体第4成分結合蛋白の研究 by 岡村 精一; OKAMURA Seiichi
6.
Antitumoric Potentiality of Enzyme Preparations of Pumpkin Ascorbate Oxidase and Shiitake Mushroom Polyphenol Oxidase by Omura, Hirohisa; Tomita, Yoshifumi; Murakami, Hiroki; Nakamura, Yasuhiko; 大村, 浩久; 富田, 純史; 村上, 浩紀; 中村, 泰彦
12.
ヒト補体第4成分結合蛋白の研究 by 岡村 精一; OKAMURA Seiichi