メカニカルミリング金属混合粉から作成した2相ステンレス鋼

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

メカニカルミリング金属混合粉から作成した2相ステンレス鋼

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
TWO-PHASE STAINLESS STEEL PRODUCED FROM MECHANICALLY MILLED METALLIC POWDER MIXTURE
責任表示:
高木 節雄(九州大学・工学部・助教授)
TAKAI Setsuo(九州大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1992
概要(最新報告):
金属ニッケル、クロム、鉄の素粉末を混合して、メカニカルアロイング(MA)プロセスによってFe-24%Cr-8%Ni合金を得るために、メカニカルミリング処理を施した。(MA)プロセスで製造した粉末を用いて固化成形を試み、組織観察によって相分離のメカニズムを調査して、つぎのような結果を得た。 1)ミリング中にCrとNi原子の固溶が起こり、長時間ミリング処理を施すことによって、24%Cr-8%Niの均一成分のフェライト鋼となる。 2)金属Niが鉄基地中に残存している場合、焼鈍中にオーステナイト相はNi粒子から成長して平衡なオーステナイトとフェライトの2相となる。しかしながら、均一なフェライト鋼では、ひずみが極めて大きくなっているためにフェライトがいったん同素変態的にオーステナイトへ変化したのち、そのオーステナイトが相分離を起こして平衡の2相へと移行して行く。 3)基地中に残存するCr粒子は、鉄粉中に含まれる酸素と反応してさんかクロムを形成する。酸化クロムの微粒子は、2相の粒成長を抑制するうえで重要な動きをする。 続きを見る
本文を見る

類似資料: