地下の開発利用のための環境システムの構築に関する研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

地下の開発利用のための環境システムの構築に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
An environmental system study for desirable underground developments and utilizations.
責任表示:
江崎 哲郎(九州大学・工学部・教授)
ESAKI Tetsuro(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1993
概要(最新報告):
1.地下開発が周辺に及ぼす影響について過去の事例を取りあげて、その因果関係、影響要素について整理、分析を行った。その結果、時間と空間の各スケールにおける被害の発生状況が把握された。また直接被害のみならず、顕在化しない間接的被害についても検討した。 2.地下空間の開削が、地表や他の近接した地下空間に及ぼす影響を明確にした。すなわち、この場合の地盤の挙動および地下水の移動について、空間相互間の距離、掘削順序、相互の位置関係、地盤の特性などをパラメータとして解析的に検討して整理した。 3.地盤移動と構造物の損傷の関係を検討した。その結果、損傷には構造物自体の特性と外的要因による2つがあり、さらに外的要因も複数あることが多く、地下開発という一要因による影響と損傷が一対一で対応していないことが通常であることを確認した。 4.実際の開発例において、地表と地下の構造物を対比して環境という視点からの相違を検討した。とくに、構造物の寿命および不可逆性に注目して比較した。 5.地下空間開発による環境を考える際に内部環境と外部環境に分けることが必要であり、その定義について検討した。ここで主にとりあつかう外部環境は直接的なものと間接的なものに分けられ、前者には、地盤沈下、地下水問題、後者には、自然環境、社会環境への影響がある。このうち後者は、数量的に表現しにくく、評価方法が難しい。 6.将来の新しい空間創出として地下開発を捉えた場合、地下の有する多くの特徴の中で、地上と比較して優れた特性や機能を生かすことに意義がある。そこで地下の持つ特徴について的確に把握するために、各種地下利用における長所と短所をまとめた。 7.地下の開発利用のための計画段階から将来の維持管理までを含めた地盤環境システムの最適の様式についてまとめた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
地盤沈下と地下水開発 by 藏田, 延男
10.
地盤沈下と地下水開発 by 藏田, 延男