管内沸騰の高クオリティ噴霧流熱伝達の促進

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

管内沸騰の高クオリティ噴霧流熱伝達の促進

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Enhancement of Flow Boiling Heat Transfer in High Quality Region in a Vertical Tube
責任表示:
藤田 恭伸(九州大学・工学部・教授)
FUJITA Yasunobu(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1992
概要(最新報告):
(1)非沸騰の液体単相の強制対流熱伝達は捩りテープの捩り比が小さいほど促進される。促進率は捩り比が10のとき10%、捩り比が5.9のとき12%である。これらの促進率は金属テープを挿入したLopina-Berglesの結果の半分以下にとどまっている。 (2)飽和核沸騰域と二相強制対流域の熱伝達はテープを挿入しない平滑管と捩りテープ挿入管のあいだで明確な差は認められない。これは核沸騰や液膜蒸発の熱伝達自身が極めて良好なため、捩りテープによって誘起される旋回流の影響が殆ど作用しないためと考えられる。 (3)ドライアウトの発生する限界クオリティは捩りテープ挿入によって平滑管の限界クオリティよりも低くなることもあれば高くなることもある。質量速度と熱流束によって複雑に変化する。 (4)捩りテープ挿入管ではドライアウト発生点の上流側から下流側までのある範囲内で管周方向の壁温に大きな差が生じている。これは旋回流には気液界面剪断力の増大による局所的な液膜破断を増長する働きと、主流からの液滴の管壁への再付着の促進による液膜再生の働きがあることによるものと推論される。 (5)ポストドライアウト域の熱伝達は捩りテープ挿入によって促進される。促進率はドライアウト直後の下流側で最大値をとり、クオリティの増加とともに単調に低下し、平滑管の熱伝達特性に漸近する。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
二成分混合液の管内沸騰熱伝達の機構 by 藤田 恭伸; FUJITA Yasunobu
12
高性能沸騰伝熱面の伝熱促進機構 by 伊藤 猛宏; ITO Takehiro
3.
二成分混合液の管内沸騰熱伝達の機構 by 藤田 恭伸; FUJITA Yasunobu
12.
高性能沸騰伝熱面の伝熱促進機構 by 伊藤 猛宏; ITO Takehiro