炭素数160を目標とした超高純度長鎖n-アルカンの合成と結晶基礎物性の関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

炭素数160を目標とした超高純度長鎖n-アルカンの合成と結晶基礎物性の関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Synthesis of Ultra-pure Higher n-Alkanes up to n-C_<160>H_<322> and Physical Properties of their Crystals
責任表示:
高見沢 橄一郎(九州大学・工学部・教授)
TAKAMIZAWA Kanichiro(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1992
概要(最新報告):
1.高級n-アルカンの合成:炭素数80までの高純度n-アルカン(略記Cn:nは炭素数)を得るには、充分精製したカルボン酸を原料とし、奇数はケテン二量化法、偶数はモノヨウ化アルカン(略記CnI)のウルツ二量化法の採用が最適であることを確認した。より長鎖試料を得るには、鎖延長反応により長鎖のCnIの合成が必要となる。C40I及びC51Iより夫々C80,C102を合成した。ヨウ化物の鎖長が長くなるとウルツ反応の活性が低下しC60IからのC120は微量、C80Iでは二量化は進行せずC160は得られなかった。反応条件の選択を検討する必要がある。この炭素数領域のn-アルカンを得ることを目指して、1,40-ジヨードテトラコンタンのウルツ多量化を行い、最終的にGPC法で精製しC120,C160の合成に成功した。この方法はアルカン系列の分離精製にかなりの時間を要するが、比較的短鎖長のα,ω-ジヨウ化アルカンを用い、即ち鎖延長反応が一段ですむので、精製法の検討により物性測定に必要な量を得うると考える。 2.純度分析法の検討:本課題の研究費で購入した高温キャピラリ・カスクロマトグラフ装置を用い純度分析を行った。450℃までの昇温分析法により定量的データを求めることができる。C80は99.3%の純度を示し、C102も溶出可能であり98.8%であった。C120は溶出するがデータに再現性がなかった。C160の分析は不可能であった。 3.結晶基礎物性の測定:C80,C102,C120及びC160の塊状結晶化物のDSC測定を行った。融点は夫々109.6,115.7,119.7および125.0℃であった。希薄溶液から得たC160単結晶のDSC曲線には、折りたたみ鎖結晶の融解を示すピークにつづき伸びきり鎖分子の結晶化を示す発熱ピーク、更にその融解が発現した。電子顕微鏡観察からの形態はポリエチレン結晶特有の菱形状で、その厚みは約10nmであり分子鎖が一折れしていることを示している。C120結晶も同様の現象が観察された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
単分散長鎮パラフィンの製造と物性常数の決定 by 高見沢 橄一郎; 高見沢 壺一郎
8
Truth-value semantics by Leblanc, Hugues, 1924-
3
高純度超長鎖n-アルカンの合成と結晶の高次構造 by 占部, 美子; 木原, 英統; 根本, 紀夫; Urabe, Yoshiko; Kihara, Hidenori; Nemoto, Norio
4
産業成長과 構造變化에 대한 寄與度分析 (1975-95) by 李, 鎭勉; 洪, 性徳; 韓國開發研究院
11
Goal-Directed Proof Theory by Gabbay, Dov M; Olivetti, Nicola; SpringerLink
12
Multi-Dimensional Modal Logic by Marx, Maarten; Venema, Yde; SpringerLink
2.
単分散長鎮パラフィンの製造と物性常数の決定 by 高見沢 橄一郎; 高見沢 壺一郎
3.
高純度超長鎖n-アルカンの合成と結晶の高次構造 by 占部, 美子; 木原, 英統; 根本, 紀夫; Urabe, Yoshiko; Kihara, Hidenori; Nemoto, Norio
4.
産業成長과 構造變化에 대한 寄與度分析 (1975-95) by 李, 鎭勉; 洪, 性徳; 韓國開發研究院
8.
Truth-value semantics by Leblanc, Hugues, 1924-
11.
Goal-Directed Proof Theory by Gabbay, Dov M; Olivetti, Nicola; SpringerLink
12.
Multi-Dimensional Modal Logic by Marx, Maarten; Venema, Yde; SpringerLink