コールタール中の有用成分の高効率分離精製

閲覧数: 25
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

コールタール中の有用成分の高効率分離精製

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
HIGHLY EFFICIENT SEPARATIVE REFINING OF USEFUL COMPOUNDS IN COAL TAR
責任表示:
持田 勲(九州大学・機能物質科学研究所・教授)
MOCHIDA Isao(九州大学・機能物質科学研究所・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1993
概要(最新報告):
本研究では、これまでに、コールタールの重質成分、アントラセン油、キノリン油、粗製ナフタリン、メチルナフタリン油等を研究対象として、各留分の脱窒素・脱硫精製ならびにナフトール類、アクリジン、イソキノリン、ベンゾチオフェン等の有用成分の濃縮分離を試み、再生可能な金属硫酸塩等の固体酸使用、各種溶剤抽出の組み合わせ、選択的部分水素化反応の設計、あるいは超臨界流体利用によって目的とする有用成分の濃縮分離が可能であることを明らかにした。 本年度は、粗製ナフタリン及びメチルナフタリン油を用いて、各々ベンゾチオフェンの選択的二量化分離及びキノリン、イソキノリンの親規分離回収プロセスの開発を目的として、超臨界炭酸ガスを利用する装置、プロセス設計を行った。その結果、固体酸(主としてシリガゲル担持硫酸アルミニウム)を用いて超臨界炭酸ガス条件下においてメチルナフタリン油から塩基性窒素化合物(キノリン、イソキノリン等)の分離・回収を試み、固体酸を充填した固定床流通式反応器を使用することにより、窒素化合物の吸着分離によるメチルナフタリンの脱窒素精製と高圧超臨界炭酸ガス及びエントレーナー(主にメタノール)流通による窒素化合物の濃縮分離の連続プロセス設計が可能であることが明らかになった。また、超臨界炭酸ガス条件下でベンゾチオフェンの選択的二量化反応が進行することが解かった。今後、最適固体酸触媒の探索と再生・繰り返し使用工程の設計が重要な課題である。 続きを見る
本文を見る

類似資料: