火山噴気発電方式のフィールド実験的研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

火山噴気発電方式のフィールド実験的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
STUDY OF POWER GENERATION BY USING VOLGANIC GEOTHERMAL RESERVOIR
責任表示:
江原 幸雄(九州大学・工学部・教授)
EHARA Sachio(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991-1993
概要(最新報告):
(1)九重火山の活動的噴気地域において、地表探査に基づいて、実験用孔井を屈削し、孔口温度233.3℃の過熱蒸気の採取に成功した。 (2)実験用孔井から噴出する火山噴気を用いて1年間にわたる各種発電材料の腐食試験を行った。試料回収後の解析の結果、腐食の進行の程度は従来の地熱発電に利用されている蒸気による材料試験と同程度であることが明らかになり、腐食性の強い火山噴気というイメージを一新する結果が得られた。 (3)本研究で試作した1kW級蒸気発電装置(1号機、改良2号機)を用いて、実験室内でのベンチテストの後、フィールド実験を行った。現地で得られた、蒸気の温度・圧力は設計条件より低いものであったが、実際に180Wの発電を行うことに成功した。以上の一連の実験により、設計条件に見合った蒸気が得られれば、当初の目標は十分達成されるものと判断された。簡易型の小型発電システムが実現できたことで、今後さらに、多様なフィールド実験を行う可能性が開かれた。 (4)火山熱貯留層(マグマ-地表間に存在する気液2相の高温貯留層)から同軸熱交換器方式による熱抽出・発電の数値シミュレーションを行った。その結果、従来方式の発電コストに比べて十分競争力のあるコストが計算された。このことは火山エネルギー利用の第一歩として、火山熱貯留層からの熱抽出は十分見通しのあるものと判断された。 以上の結果、火山エネルギー開発の第一段階として、火山噴気発電方式が有望であることが明らかにされた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
火山発電に関する基礎的研究 by 江原 幸雄; EHARA Sachio
10
DECHEMA方式腐食防食実験工学 by 駒井, 謙治郎
1.
火山発電に関する基礎的研究 by 江原 幸雄; EHARA Sachio
10.
DECHEMA方式腐食防食実験工学 by 駒井, 謙治郎