土砂流出による津波の発生の予知に関する研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

土砂流出による津波の発生の予知に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
入江 功(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1991
概要(最新報告):
本研究は、1792年の眉山崩壊に伴う津波発生を再現しうるモデルを、水理模型実験と数値計算の組合せにより構築し、今後新たに山体崩壊が予想された場合の津波発生の予知に備えようとするものである。 土砂流出による津波発生が複雑なため、水理模型実験による再現を試みた。先ず既存の文献や古文書により、津波発生当時の熊本、福岡、佐賀3県の千拓地の海岸線を調べ、水平縮尺を1/8000、鉛直縮尺を1/250として、有明海のほぼ全域を含む固定床模型を作った。土砂流出に伴う津波発生のモデル化については、既往の文献や最近のボ-リング調査結果等を参考に、島原の現在地形と崩壊前の旧地形との間の堆積層厚を7〜10mの浅い場合、15〜20mの深い場合を対象とした。 津波発生のモデル化については、これらの深さを滑り面とした一様斜面の滑り台を作り、この上を崩壊堆積物から成るくさび状の現在地形を滑り落とすことを基本とした。実際には、津波の発生、陸上遡上などの全体的な状況を見ながら、試行錯誤的に5種類の落下物体モデルを試作して実験した。津波の発生波形は、波源域周辺と島原半島周辺および熊本県沿岸の合計18測点で同時測定した。実験結果によれば、滑り面が7〜10mと浅い場合は大きな津波は発生せず、15〜20mと深い場合は大きな津波が発生し、有明海全域に伝播した。これを200年前の各地の陸上遡上痕跡高と比較すると、相田と都司の調査結果の中間位にあり、ほぼ1792年の津波の再現を想起させる結果が得られた。 波源域における津波の最大振幅(靜水面上の高さ)は、正面の東側に15〜20m、側方の南北側に約10mであった。数値計算では、この値を参考にモデル化を行なった。 続きを見る
本文を見る

類似資料: