発生、老化及び神経系解析のモデル系としての線虫C.elegans

閲覧数: 9
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

発生、老化及び神経系解析のモデル系としての線虫C.elegans

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
大島 靖美(九州大学・理学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1990
概要(最新報告):
1)C.elegans初期胚の特定の時期にのみ強く発現するcDNAを単離した(小原)。2)幼虫期に異常な形態を示して死ぬ変異株の中で約20株につき、形態異常、細胞系譜の解析及び変異のマッピングを行った。このような表現型の変異を示す遺伝子は100〜200存在すると推定される(桂)。3)パラミオシン(uncー15)遺伝子の突然変異及び復帰変異計9株の配列決定を行い、太い線維の形成に重要な領域を明らかにした。また、単一のトロポミオシン遺伝子から、少くとも3つのcDNAアイソフォ-ムが作られていることを明らかにした(香川)。4)kinー7遺伝子及びcDNAの全構造を決定し、EGF受容体類似の膜貫通型チロシンキナ-ゼをコ-ドすることを明らかにした。また、kinー7はletー23と同一の遺伝子であること、これが陰門分化を決定する情報伝達に働いている可能性を示した(大島)。5)パラコ-ト及び酸素に感受性の高い変異を示すmevー1遺伝子のクロ-ン化を行っている(鈴木)。6)C.elegansにおいて、広範囲な劣性致死突然変異のの検出系を構築し、多くの変異原によるこのような変異の誘発効果を定量化した(宗像)。7)C.elegansのcキナ-ゼを酵素活性に基いて純粋に精製した(三輪)。8)アセチルコソンの異常蓄積変異を示すuncー18遺伝子の発現パタ-ンを発生各期で明らかにした。またこの変異株では神経索の異常が見出された(細野)。9)好冷性変異を示す遺伝子が少くとも3つ、無走性変異を示す遺伝子が少くとも2つあることを示した。またトランスポゾン挿入による好冷性変異株を単離、マッピングした(森)。10)多くのunc変異株において、神経突起の伸展や結合が異常になることを見出した(Siddiqui)。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
線虫C.elegans神経系の分子遺伝学 by 大島 靖美; OHSHIMA Yasumi
3.
線虫C.elegans神経系の分子遺伝学 by 大島 靖美; OHSHIMA Yasumi