木質材料の接着耐久性に関する基礎的研究

閲覧数: 11
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

木質材料の接着耐久性に関する基礎的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Fundamental Research on the Glue-Bond Durability of Woody Materials
責任表示:
坂田 功(九州大学・農学部・名誉教授)
SAKATA Isao(九州大学・農学部・名誉教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1990-1992
概要(最新報告):
木質材料の性能と耐久性を接着および接着剤との関連において総合的に研究するため、基礎的な知見の集積と整理を行ってきたが、本年度は最終年度にあたり、平成4年9月に奈良市において研究グループの会合を開き、持ち寄った研究状況について討議を行った。 本年度も接着剤の硬化挙動および接着性能発現の機構ならびに劣化機構、木質材料の製造条件と製品の性能、耐久性評価方法に関して新しい知見が得られた。それらの成果は研究成果報告書として刊行したが、その内容を表題で示せば以下のごとくである。 (1)パワーフィード法によるエマルション型接着剤の物性と接着性(2)パーティクルボード用レゾールの構造と特性(3)湿気硬化型ポリウレタン系接着剤の物性と接着性(4)フェノール・メラミン樹脂接着剤の耐久性に対する高分子量ノボラック添加の効果(5)メラミン系樹脂の劣化機構についてーSEM観察からの考察(6)ユリア樹脂接着剤の耐久性向上のための低架橋フェノール樹脂の利用(7)室内環境下における木材接着層内のクリープき裂の成長(8)フェノール樹脂の分子量と素材およびボードの寸法安定化(9)パーティクルボードの調湿性能および強度・耐水性能に及ぼす低比重化の影響(10)低比重ボードの小片結合力(11)スギ材を原料としたパーティクルボードの製造と材質(12)ラジアータパイン単板の接着耐久性(13)弾性波による木材接着接合部における強度評価の非破壊検査にかんする基礎的研究(14)乾湿繰り返し試験法による耐水性の評価(15)木質構造における接着評価。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
木材及び木質材料の曲げ試験におけるMOE計算の自動化 by 藤本, 嘉安; 大内, 毅; 藤本, 恭子; 又木, 義博; 村瀬, 安英; Fujimoto, Yoshiyasu; Ohuchi, Takeshi; …
8
接着と材料 by 日本材料科学会
3
木材および木質材料のCNCルータ加工における工具摩耗自動監視システムの構築 by 大内, 毅; 村瀬, 安英; Ohuchi, Takeshi; Murase, Yasuhide
9
Adhesion and adhesives by Houwink, R.; Salomon, G.
4
知能性材料としての木材の可能性の究明と展開 by 小田 一幸; ODA Kazuyuki; 大熊 幹章
10
Adhesion and the formulation of adhesives by Wake, William Charles
2.
木材及び木質材料の曲げ試験におけるMOE計算の自動化 by 藤本, 嘉安; 大内, 毅; 藤本, 恭子; 又木, 義博; 村瀬, 安英; Fujimoto, Yoshiyasu; Ohuchi, Takeshi; …
3.
木材および木質材料のCNCルータ加工における工具摩耗自動監視システムの構築 by 大内, 毅; 村瀬, 安英; Ohuchi, Takeshi; Murase, Yasuhide
4.
知能性材料としての木材の可能性の究明と展開 by 小田 一幸; ODA Kazuyuki; 大熊 幹章
8.
接着と材料 by 日本材料科学会
9.
Adhesion and adhesives by Houwink, R.; Salomon, G.
10.
Adhesion and the formulation of adhesives by Wake, William Charles