レ-ザ螢光法による燃焼反応速度の測定とそのストキャスティック・モデリング

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

レ-ザ螢光法による燃焼反応速度の測定とそのストキャスティック・モデリング

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
小森 悟(九州大学・工学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1990
概要(最新報告):
化学反応(燃焼)を伴う乱流混合の問題は燃焼反応装置内での燃焼反応速度の正確な評価と制御の問題、及び、道路近傍での自動車排気ガスの拡散予測等の環境問題に密接に関連し、その解決が緊急の課題とされている。そこで、本研究はこのような実用的な問題の解決に貢献するため従来の研究では解明なされていなかった化学反応(燃焼)と乱流混合の間の複雑な相互効果を実験的・理論的に解明することを目的とすることを目的とした。具体的には、極度に遅い反応、極度に速い反応、その中間程度の速さの反応の三つの反応(いずれも二次反応)をもつ液相の格子乱流中で、レ-ザ蛍光法・散乱法を用いて二成分の瞬間濃度を同時測定することにより、反応速度を評価した。特に、時間平均反応速度Rは、R=k(C___ー_AC___ー_B+<C_AC_B>___ー)で与えられ(k:反応速度定数、C___ー_A:A成分の時間平均濃度、C_A:A成分の変動濃度)、Rに及ぼす乱流混合の効果は、第二項の変動濃度積に集約されるので、この項の評価を中心に行った。さらに、CCDイメ-ジエリアセンサ-と画像処理法を用いて二成分の混合界面近傍での瞬間濃度を二次元空間で測定することにより界面の空間・時間的発展と二成分流体の混合機構を明らかにした。また、理論的研究としてクロ-ジャ-仮定を必要としない二粒子モデルとよぶラグランジュ確率密度関数モデルを用い、濃度統計量を理論的に評価し、実験値の説明をおこない、反応乱流場での混合反応機構を考察した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
レーザ誘起蛍光法によるMHD燃焼プラズマ中のシード原子密度の揺らぎ測定 by 中牟田, 浩典; 益田, 光治; 渡辺, 征夫; 池上, 知顕; 赤崎, 正則; Nakamuta, Hironori; Masuda, …
10.
レーザ誘起蛍光法によるMHD燃焼プラズマ中のシード原子密度の揺らぎ測定 by 中牟田, 浩典; 益田, 光治; 渡辺, 征夫; 池上, 知顕; 赤崎, 正則; Nakamuta, Hironori; Masuda, …