癌の亜性度、特に転移能に関与する遺伝子の検索・同定とその生物学的機能解析

閲覧数: 7
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

癌の亜性度、特に転移能に関与する遺伝子の検索・同定とその生物学的機能解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
谷口 俊一郎(九州大学・生体防御医学研究所・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1990
概要(最新報告):
1.マウスB16黒色腫に於て転移抑制的に発現するβmアクチンについて (1)βmアクチンcDNAの高転移性細胞B16ーF10への導入発現によって、アクチンストレスファイバ-の回復、浸潤能、転移能の低下を観察してきた。このβmアクチン蛋白質が重合能すなわちアクチンフィラメント形成能を有することを、生化学的実験、免疫染色法等によって示した。このことから、βmアクチンの生物学的機能は細胞骨格構築増強をもたらし、細胞の変形性等に影響を与え得ることが、より直接的に示唆された。 (2)アアクチンの種類は異なるが、ラット線維芽細胞に於いても悪性化に伴いβ、γアクチン以外のαアクチンが発現低下すること、又αアクチンcDNAの形質転換細胞への導入は、細胞悪性形質の低下を誘導することを観察した。 2.fos癌遺伝子について fos導入による転移能増強は、細胞の運動性の昂進を伴う浸潤能の増強が主因であることを示してきた。この高転移性細胞に於いてカテプシンL、低分子型トロポミオシンの発現増強、リソゾ-ムの膜糖蛋白(LGP)elongation factor 1α(EF1α)の発現増強を認め、特にEF1αについては、全翻訳領域を含むcDNAをクロ-ン化し、塩基配列を決定した。尚、fos導入細胞で発現増強した低分子型トロポミオシン、LGP、EF1αは、B16黒色腫細胞に於いて高転移性細胞B16ーF10で発現が強く、又、B16ーF10は低転移性細胞よりもfos癌遺伝子の発現が高かった。従って、fosとこれらの遺伝子の発現制御機構に於ける関連性が興味深い。又、他グル-プによってEFlαがアクチン結合蛋白質として同定されたことにも注目したい。 続きを見る
本文を見る

類似資料: