新彊ウイグル自治区少数民族の教育文化に関する基礎的研究

閲覧数: 12
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

新彊ウイグル自治区少数民族の教育文化に関する基礎的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A Basic Study on Education and Culture of Minority Groups in Xinjiang in Xinjiang Uygur Autonomous Region, China
責任表示:
丸山 孝一(九州大学・教育学部・教授)
MARUYAMA Koichi(九州大学・教育学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1990-1991
概要(最新報告):
主流をなす中国の漢民族の文化の強力な同化力にも関わらず、ウイグル族をはじめとする少数民族は自民族の伝統文化を維持し継承し続けている。こうした少数民族の伝統文化を持続、継承させるのは民族教育によると考えられる。 そこで、文化人類学班は平成2年度は家庭・学校での伝統文化の維持・継承に果たす民族教育の実態を民族誌学的に調査し、平成3年度は、行政レベルの取り組み方まで視野を広げ、学校、家庭レベルで採った民族誌的記録を総合することを目標にした。調査は各「民族の誇り」に関してウイグル族は民族舞踊、カザフ族は乗馬、シボ族は弓術がそれぞれいかに伝達継承されているかを以下の三つのレベルから観察し、面接調査を試みた。行政レベルでは自治区文化庁・体育委員会・教育庁を訪問し関係者から基本方針を聞き取り調査し、学校教育レベルでは幼小中学校あわせて9校訪問し、学校の取り組み方を、教師から聞き取り調査し、実際の授業を参観して教育の実態を観察し、家庭教育のレベルでは、19戸の家庭を訪問し、両親・子どもを交えて聞き取り調査した。さらに舞踊、乗馬、弓術といった調査対象の特性に鑑み、映像で資料を収集し分析する、映像人類学の手法を取り入れた。調査の結果、自治区政府レベル(民族文化庁等)では基本方針として文化伝承を重視し、学校教育や家庭教育といった二つの伝承の場をつなぐ社会教育に重点を置いて民族教育を実施していることがわかった。特に舞踊については、芸術として普遍的な価値を付与しようという意図が読み取れた。乗馬や弓術については、国際的な競技種目の形式に変換することで普遍性を獲得していることが解った。学校教育(漢族の学校と民族学校がある、ここでは民族学校)では、教師の民族構成を自民族中心にし児童生徒との心理的距離を縮め、音楽の授業で民族の歌・踊りを中心に教えることでそれらが公的な価値を持つものとして児童に意識させる努力をしている。家庭教育では特に意識して子どもに民族教育を施すことはないが、例えばウイグル族の舞踊などはあたかも生得的な資質として身体化されていると考えられているからである。以上から、家庭での無意図的な教育を公教育で「民族教育」の下に意識化し、自治区政府が「芸術」・「国際競技の形式」に洗練してゆくことで「民族の誇り」に普遍的価値を付与していくという構造が読み取れる。こうした実態はビデオカメラで克明に記録された。ビデオテ-プ50本にもなる膨大な映像資料は、現在3本のビデオテ-プに編集され、市の博物館で広く市民に公開されている。以降も続々と主題別にテ-プが作成される予定である。 比較教育学班は平成2年度の調査では、ウルムチ、イニン、カシュガルの小学校、中学校の計10校において、生徒、教師、父母に対し、IEAの国際学力調査と同一の問題を用いた数学学力調査、及び道徳意識調査の予備調査を行い、少数民族と漢民族との間で、数学の学力において顕著な格差が存在することを明らかにし民族教育の問題点を指摘した。道徳意識調査では中国における政治状況の変化に伴い、国家志向が強くなっていることが示された。この予備調査の結果をうけて、平成3年度は「漢民族と少数民族との間に見られる顕著な学力格差をもたらす学校、家庭、生徒に関わる諸要因の究明」を調査目的に掲げ、ウルムチ、イニン両市の漢族・ウイグル族・カザフ族の中学生、計10校の生徒五百人を対象に、IEAの問題に基づく学力調査に加え、数学学習に対する態度、数学の教授内容等に関する質問紙調査、学習環境、生徒の家庭状況、校長、教師の教育観に関する面接調査を行った。その結果、漢族とウイグル族、カザフ族の生徒の間に顕著な学力格差をもたらす要因は、教科書・参考書の不備、不十分な教師の資格・能力、少ない宿題、家庭教育の不十分さや子どもの学習に対する援助の不徹底さ等であることが明らかになった。両班とも新彊師範大学の全面協力の下に、研究分担者の積極的協力を得て、大学間協力の実を上げることができた。研究成果の一部は別掲の印刷物等で発表した。平成4年度も別の形でこの研究課題に取り組むことになっている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
中国少数民族の教育に関する基礎的研究 by 丸山 孝一; MARUYAMA Koichi
1.
中国少数民族の教育に関する基礎的研究 by 丸山 孝一; MARUYAMA Koichi