社会変動の理論的研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

社会変動の理論的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
友枝 敏雄(九州大学・文学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1990
概要(最新報告):
社会変動の理論的研究という研究課題のもとに、本年度は、1社会変動分析の方法論的検討、2社会構造概念の理論的検討、3社会変動の実証分析のための理論枠組の検討の3つの研究を行なった。 1社会変動論の方法論的検討、社会学の誕生以来今日までの社会変動論の代表的理論家として,マルクス,ウェ-バ-,ウォ-ラ-スティンをとり上げ,彼らの社会変動分析の方法を、(1)自然主義的な立場に立っているか、それとも反自然主義的な立場に立っているか、(2)歴史主義的な立場に立っているか、それとも反歴史主義的な立場に立っているか、という2つの視点から再構成した。そして社会変動分析の方法として、(a)自然主義的で歴史主義的な立場と、(b)反自然主義的で歴史主義的な立場が、ともに有効であることを明らかにした。 2社会構造概念の理論的検討、社会変動の中核をなすのは、社会構造の変動である。社会構造の概念化のしかたによって、社会変動の概念が意味するものもかなり異なってくる。そこで社会学における社会構造概念の特色を、レヴィニストロ-スを中心とする構造主義の構造概念と比較しながら究明した。その結果社会構造には、〈パタ-ンとしての構造〉の側面と〈規則としての構造〉の側面とがあることが明らかになった。 3社会変動の実証分析のための理論枠組の検討、戦後日本社会の変動を概観しながら、日本社会において変化した部分と変化しなかった部分とをえりわける作業を行なった。その結果戦後日本社会の変動は、経済の領域のみならず価値意識の領域にまで及ぶ全般的・根底的な変動の過程であることが明らかになった。そしてこの全般的・根底的な変動の過程を、時系列デ-タによって計量的に証明していく方法の検討を行なった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

9
「第三世界」の社会変動と地域研究 by 東京外国語大学海外事情研究所
10
規範意識に関する社会学的研究 by 友枝 敏雄; TOMOEDA Toshio
11
社会変動の理論と計測 by 星野, 克美
6
古墳時代社会の変容過程の研究 by 岩永 省三; IWANAGA Shozo
12
変動期の人間と社会 : 社会学的分析 by 坂田, 義教; 井上, 圭二
6.
古墳時代社会の変容過程の研究 by 岩永 省三; IWANAGA Shozo
9.
「第三世界」の社会変動と地域研究 by 東京外国語大学海外事情研究所
10.
規範意識に関する社会学的研究 by 友枝 敏雄; TOMOEDA Toshio
11.
社会変動の理論と計測 by 星野, 克美
12.
変動期の人間と社会 : 社会学的分析 by 坂田, 義教; 井上, 圭二