生理活性及び機能性を有する重水素標識化合物の位置選択的合成

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

生理活性及び機能性を有する重水素標識化合物の位置選択的合成

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Positional Selective Preparation of Deuteriated Compounds Having Bioactivities and Functions.
責任表示:
田代 昌士(九州大学・機能物質科学研究所・教授)
TASHIRO Masashi(九州大学・機能物質科学研究所・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1990-1992
概要(最新報告):
本研究で得られた成果は下記のようにまとめることができる。 1.ブロモフェノール類を10%NaOD中ラネーCu-Al合金で処理すれば対応する重水素標識フェノール類を高収率かつ高同位純度で得ることができた。なおNi-Al合金を用いると重水素標識シクロヘキサンが生成することを明らかにした。 2.ブロモ安息香酸類を先の手法で重水化し、19種類の重水素標識安息香酸を系統的に合成することに成功した。 3.重水素標識サルチル酸及びアスピリンを合成し、それぞれの生理活性について検討した。たとえば重水素標識サルチル酸は細胞の異常分裂を示すことが明らかとなった。 4.含ハロゲン脂肪酸及び不飽和酸の重水中ラネー合金で処理する還元反応を利用することにより、部分的に重水素標識脂肪酸を合成しそれらの生成経路を明らかにした。 5.ブロモチオフェンカルボン酸の還元的重水素標識法において、ラネーCu-Al合金を用いるとチオフェン環の解裂反応は進行しないが、ラネーNi-Al合金の場合には対応する合金重水素標識脂肪酸が生成することを見いだした。 6.上記の方法よって得られた部分的及び完全重水素標識脂肪酸のコルベ電解反応及び交差コルベ電解反応の応用で、より長鎖の重水素標識脂肪酸及びアルカンが得られることを明らかにした。なお、本電解反応には超音波照射が有効であることを見いだした。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
鎖中央に側鎖をもつ長鎖アルカンの合成と結晶構造解析 by 山元, 博子; 根本, 紀夫; Yamamoto, Hiroko; Nemoto, Norio
6
トリオースレダクトンとイソロイシンとの縮合物 by 篠原, 和毅; 朱, 光枝; 曽, 耀崑; Shinohara, Kazuki; Joo, Kwang-Jee; Tseng, Yaw-Kun; 村上, 浩紀; 大村, …
3.
鎖中央に側鎖をもつ長鎖アルカンの合成と結晶構造解析 by 山元, 博子; 根本, 紀夫; Yamamoto, Hiroko; Nemoto, Norio
6.
トリオースレダクトンとイソロイシンとの縮合物 by 篠原, 和毅; 朱, 光枝; 曽, 耀崑; Shinohara, Kazuki; Joo, Kwang-Jee; Tseng, Yaw-Kun; 村上, 浩紀; 大村, …