門脈圧亢進症における胃食道静脈瘤循環動態の解析と臨床応用に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

門脈圧亢進症における胃食道静脈瘤循環動態の解析と臨床応用に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Hemodynamic Analysis of Portal Hypertension and Clinical Application of the Vascular Pattern of the Lower Esophagus
責任表示:
橋爪 誠(九州大学・医学部・講師)
HASHIZUME Makoto(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1990-1992
概要(最新報告):
我々は門脈圧亢進症例における門脈血行動熊を詳細に検討した結果,下部食道静脈瘤の血流パターンをすだれ型と棍棒型に大別できることを血管造影および解剖学的手法により明らかにし報告した。今回,胃食道静脈瘤の上記血流パターンのもつ臨床的意義を解明する目的で,臨床的症候,内視鏡所見,超音波カラードップラー検査,腹腔動脈造影および上腸間膜動脈造影,経皮経肝的門脈造影検査および非観血的静脈瘤内圧測定結果等を比較検討した結果,巨大棍棒型食道静脈瘤が硬化療法に治療抵抗性であり,胃上部血行郭清術と硬化療法との併用療法が有効であることが明かとなった。 次に,肝瘤合併例,脾機能亢進例,肝機能不良例,胃静脈瘤合併例など特殊な病態を有する症例において,各血行動態に応じた治療適応の決定,ことに経皮経肝的静脈瘤塞栓術と硬化療法の併用,PTA,TIPS,あるいは手術療法と硬化療法の併用など集学的治療法が必要であることがわかった。胃静脈瘤に関しては,独自の内視鏡分類を作成し,出血の予知が内視鏡的に可能であることが示唆された。現在,肝癌合併例,胃静脈瘤症例,予防的治療例については,Prospective randomized trialを施行中である。 以上より,胃食道静脈瘤の治療においては,胃及び食道静脈瘤の血流パターンを中心とした局所の門脈血行動態を把握することが治療方針を決定する上で最も重要であり,治療困難症例においては集学的治療の検討が必要であると考えられた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
門脈圧亢進症 by 井口, 潔
3
Large Simple Hepatic Cysts Leading to Gastric Fundal Varices in a Noncirrhotic Patient by Kinjo, Nao; 金城, 直; Yano, Hiroko; 矢野, 博子; Sugimachi, Keishi; 杉町, 圭史; Tanaka, Junko; 田中, 旬子; …
9
門脈圧亢進症取扱い規約 by 日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会
5
The Effect of Proton Pomp Inhibitor (PPI : Rabeprazole) on Reflux Esophagitis after Endoscopic Injection Sclerotherapy (EIS), a Randomized Control Study (24 &hellip by Akahoshi, Tomohiko; Kawanaka, Hirofumi; Tomikawa, Morimasa; Saeki, Hiroshi; Uchiyama, Hideaki; Ikeda, Tetsuo; Shirabe, …
6
The Application of Splenectomy to Decompress Portal Pressure in Left Lobe Living Donor Liver Transplantation by Ikegami, Toru; 池上, 徹; Yoshizumi, Tomoharu; 吉住, 朋晴; Soejima, Yuji; 副島, 雄二; Ikeda, Tetsuo; 池田, …
3.
Large Simple Hepatic Cysts Leading to Gastric Fundal Varices in a Noncirrhotic Patient by Kinjo, Nao; 金城, 直; Yano, Hiroko; 矢野, 博子; Sugimachi, Keishi; 杉町, 圭史; Tanaka, Junko; 田中, 旬子; …
5.
The Effect of Proton Pomp Inhibitor (PPI : Rabeprazole) on Reflux Esophagitis after Endoscopic Injection Sclerotherapy (EIS), a Randomized Control Study (24 &hellip by Akahoshi, Tomohiko; Kawanaka, Hirofumi; Tomikawa, Morimasa; Saeki, Hiroshi; Uchiyama, Hideaki; Ikeda, Tetsuo; Shirabe, …
6.
The Application of Splenectomy to Decompress Portal Pressure in Left Lobe Living Donor Liver Transplantation by Ikegami, Toru; 池上, 徹; Yoshizumi, Tomoharu; 吉住, 朋晴; Soejima, Yuji; 副島, 雄二; Ikeda, Tetsuo; 池田, …
8.
門脈圧亢進症 by 井口, 潔
9.
門脈圧亢進症取扱い規約 by 日本門脈圧亢進症食道静脈瘤学会