環境・植物系における水の動態と生育との関係解析

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

環境・植物系における水の動態と生育との関係解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Analysis on Relationships between Plant Growth and Water Dynamics in Environment-Plant System
責任表示:
江口 弘美(九州大学・生物環境調節センター・教授)
EGUCHI Hiromi(九州大学・生物環境調節センター・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1990-1992
概要(最新報告):
本研究では、植物個体内の水の動態、体内の水ポテンシャル、植物の生長、根における物質交換等の計測を通じて、環境・植物系の水の動態と植物生長との関係を総合的に解析することを目的とした。得られた知見を整理すると次の通りである。 1.蒸散速度の測定値が,熱収支式から得られる蒸散要求度と線形関係にあることを認めた. 2.植物個体の水収支は大体日射強度に対応して変動する。日中の水分変動には通水伝導度,伸展係数が関与し,葉の生長には膨圧ばかりでなく他の要素関与していることが明らかであった. 3.蒸散要求度は気温,風速よりも,日射,湿度に対してより敏感であることが認められた. 4.光照射が急に強くなった場合,蒸散に対して根の吸水が追従できず,種々の反応要素に振動が生じた. 5.展開初期の葉では,気孔の振動機能が未発達であるため,光照射後の反応の遅れはみられなかった. 6.蒸散要求度が低い段階では,光照射に対する気孔コンダクタンス及び葉の生長の反応は敏感であった. 7.根の全通水抵抗は根音が低いほど大きく,その温度特性は蒸散に対する地温効果の原因となっていることが明らかであった. 8.画像処理を用いた根長計測によって,根長が指数的に増大していくことを明らかにした. 9.レタスの葉の画像解析の結果,低温下では葉が縦長になること,生長速度に対する気温の効果は葉底側で顕著であることを認めた. 今後,実験から得られた多くの知見を踏まえて,植物生産の最適化を図っていく必要がある. 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
CAM植物のCO_2交換速度,蒸散速度および拡散伝導度に及ぼす空気湿度の影響 by 川満, 芳信; 懸, 和一; Kawamitsu, Yoshinobu; Agata, Waichi
2
植物生産環境の最適化に関する基礎研究 by 江口 弘美; EGUCHI Hiromi
8
AN IMPACT COEFFICIENT OF EVAPORATIVE DEMAND ON PLANT WATER BALANCE by Kitano, Masaharu; 北野, 雅治; Eguchi, Hiromi; 江口, 弘美
10
高性能growth cabinetおよびそれを用いた環境要因と葉温との関係解析 by 松井, 健; 江口, 弘美; Matsui, Tsuyoshi; Eguchi, Hiromi
11
乾燥地の水分動態と緑化に関する研究 by 須崎 民雄; 矢幡 久
12
黒板講義におけるチョーク音検出を利用した講義自動撮影システムの構築と評価 by 芦川, 平; Ashikawa, Taira; 菅沼, 明; Suganuma, Akira; 谷口, 倫一郎; Taniguchi, Rin-ichiro
2.
植物生産環境の最適化に関する基礎研究 by 江口 弘美; EGUCHI Hiromi
7.
CAM植物のCO_2交換速度,蒸散速度および拡散伝導度に及ぼす空気湿度の影響 by 川満, 芳信; 懸, 和一; Kawamitsu, Yoshinobu; Agata, Waichi
8.
AN IMPACT COEFFICIENT OF EVAPORATIVE DEMAND ON PLANT WATER BALANCE by Kitano, Masaharu; 北野, 雅治; Eguchi, Hiromi; 江口, 弘美
10.
高性能growth cabinetおよびそれを用いた環境要因と葉温との関係解析 by 松井, 健; 江口, 弘美; Matsui, Tsuyoshi; Eguchi, Hiromi
11.
乾燥地の水分動態と緑化に関する研究 by 須崎 民雄; 矢幡 久
12.
黒板講義におけるチョーク音検出を利用した講義自動撮影システムの構築と評価 by 芦川, 平; Ashikawa, Taira; 菅沼, 明; Suganuma, Akira; 谷口, 倫一郎; Taniguchi, Rin-ichiro