急性心筋虚血をおこす冠動脈攣縮の成因に関する病態生理学的・細胞生物学的研究

閲覧数: 35
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

急性心筋虚血をおこす冠動脈攣縮の成因に関する病態生理学的・細胞生物学的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Cellular and Molecular Mechanism Coronary Spasm
責任表示:
丸岡 雄二(九州大学・医学部・助手)
小柳 左門(九州大学・医学部・助教授)
KOYANAGI Samon(九州大学・医学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1990-1992
概要(最新報告):
1)動脈硬化血管における過剰収縮の成因 (1)内皮細胞機能(EDRF)の定量解析 遺伝性高コレステロール血症家兎の大動脈を用いてEDRFの産生を定量化(bioassay法)した。アセチルコリンによる内皮細胞依存性弛緩反応低下の成因はEDRFの産生低下だけでなくEDRFの失活によってもたらされることを示した。 (2)中膜平滑筋の過剰収縮の機序 冠攣縮部と対照部位から中膜平滑筋標本を作製した。サポニン処理によるスキンド標本において平滑筋のCa^<++>感受性を検討すると、攣縮部と対照部のCa^<++>-張力関係は同程度であった。 (3)冠攣縮の成因におけるEDRFの役割の生体内での解析 EDRF阻害薬(LNNA:L-nitro Nω arginine)を投与すると対照部位のセロトニンによる収縮は有意に増強(20→30%)されたが、攣縮部位の収縮は全く影響されなかった(80→85%)ので、セロトニンによる冠攣縮の成立にEDRFの産生異常は一義的ではないことが示唆された。 2)冠攣縮による冠動脈狭窄の進行と急性心筋梗塞の発生 動脈硬化部位に高度の冠攣縮を繰り返し誘発すると動脈硬化巣内に出血がおこり、内腔狭窄が急性に進行することを観察した。冠攣縮によって冠閉塞、或いは亜閉塞が持続した動物では心筋梗塞が発生した。 3)EDRFを介して冠血管拡張をおこすサブスタンスPの反応を異型狭心症患者について検討した。冠攣縮部位の内皮細胞依存性弛緩反応は温存されていた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

6.
冠動脈攣縮の素因と成因に関する実験的研究 by 友池 仁暢; Tomoike Hitonobu