リソソ-ム膜を構成するシアロ糖タンパク質のクロ-ニングとその細胞内発現

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

リソソ-ム膜を構成するシアロ糖タンパク質のクロ-ニングとその細胞内発現

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Cloning of lysosomal sialoglycoproteins and their expression in cells.
責任表示:
姫野 勝(九州大学・薬学部・助教授)
HIMENO Masaru(九州大学・薬学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1990-1991
概要(最新報告):
リソソ-ム膜に存在する分子量85Kを有するシアロ糖タンパク質(LGP85)のcDNAをラット肝cDNAライブラリ-より単離し、その構造を検討したところ、2ケ所でリソソ-ム膜にアンカ-されかつリソソ-ム膜糖タンパク質のタ-ゲティングシグナルと考えられているglycineーtyrosineなるシ-クエンスがサイトプラスミックテイルに含まれていないと言う特徴を有していた。これは近年単離された種々のリソソ-ム膜糖タンパク質のは著しく異なった特徴を有していた。そこで、この特徴が種を超えて保存されているか否かを検討するために、ヒト膵臓ガン由来の高転移性株QGPー1NLよりcDNAライブラリ-を作製し、LGP85のcDNAをプロ-ブとしてヒトLGP85のcDNAの単離を試みた。得られたcDNAをhLGP85と命名して解析した。本cDNAはLGP85と同様に478個のアミノ酸より成り、シグナルペプチドが切断されずに膜アンカ-ドメインとして働き、更にC末端側の疎水性ドメインも膜アンカ-部位として働いていることが明かとなった。LGP85とhLGP85の相同性はアミノ酸レベルで86%であった。またLGP85はN型糖鎖結合部位は11カ所存在したがhLGP85は4番目のN型糖鎖結合部位のアスパラギンがアスパラギン酸に変化していたため1個減少して10個であった。細胞の高転移性は糖鎖中のGlcNAcβ1ー6結合の増加による分子量の増加が観察されているので、ラット肝、ヒト肝、QGPー1NL、およびプラセンタ中のLGP85の分子量をイムノプロトで検討したが4者間での分子量の相違は観察されなかった。 以前にクロ-ニングが完了していたLGP107の細胞内発現をCOS細胞を用いて試みた。LGP107のサイトプラスミックテイルはリソソ-ムへのタ-ゲットシグナルと考えられているので、サイトプラスミックテイルを切断したものとしないものとの細胞内発現を試みた。COS細胞での発現を免疫電顕で観察すると、ワイルドタイプはリソソ-ムに多く観察されたがミュタントはリソソ-ムに観察されず形質膜とゴルジ複合体に多く観察された。この事から、サイトプラスミックテイルはリソソ-ムへのタ-ゲットに重要であることとゴルジ複合体間をス-ムスに移行して行くためにも重要な機能を有している事を示唆する結果を得た。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
細胞オルガネラ形成における分子認識 by 加藤 敬太郎; KATO Keitaro
10
無脊椎動物の体液凝固機構の解明 by 岩永 貞昭; IWANAGA Sadaaki
7.
細胞オルガネラ形成における分子認識 by 加藤 敬太郎; KATO Keitaro
10.
無脊椎動物の体液凝固機構の解明 by 岩永 貞昭; IWANAGA Sadaaki