組織制御されたL1_2型金属間化合物超耐熱材料の開発

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

組織制御されたL1_2型金属間化合物超耐熱材料の開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of Microstructure-controlled L1_2-type High Temperature Intermetallics
責任表示:
根本 実(九州大学・工学部・教授)
NEMOTO Minoru(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1989-1991
概要(最新報告):
Ni_3Alで代表されるγ'ーL1_2型金属間化合物の多くは次世代の超耐熱材料として期待され,基礎・応用の両面からの活発な研究が行われているが,材料の組織制御による複合組織に関するものはほとんど見られない.組織制御されたNi_3(Al,Ti),および,第3元素C添加により組織制御されたNi_3(Al,Cr)について得られた成界は以下の通りである. 1.規則γ'相中への不測則γ相の析出: Ni_3(Al,Ti)合金は,組成と熱処理温度を選ぶことにより組織制御が可能である.複合組織化により著しい強度の増加を示す. 2.不規則γ相を微細に分散させた規則相単結晶の室温変形 (1)変形により導入された超格子転位と析出γ相との相互作用は典型的な引力型である.(2)すべての時効段階で変形中の転位は析出γ相をせん断し,Orowanのbypass機構は本合金系には働かない. 3.不規則γ相の析出による規則相の強化機構 (1)析出γ相のAPBエネルギ-が母相より低い場合には転位が析出γ相から抜けでる過程が抵抗となる.(2)時効のごく初期段階では,APBの差による強化を生じない. 4.不規則γ相を含むγ'ーNi_3(Al,Ti)規則相単結晶の強度の温度依存性 (1)試験温度の全域にわたり不規則γ相と転位間には引力相互作用が働く.(2)1073k以下では転位は(010)面上をすべるようになり強度は低下する. 5.不規則γを含むγ'ーNi_3(Al,Ti)規則相単結晶の強度の方位依存性 (1)[001]方位の結晶では活動すべりは全温度域にわたって{111}〈110〉であるのに対して,他の方位では,高温で{111}〈110〉から{100}〈110〉すべり系への交叉すべりがおこる.(2)いずれの方位の結晶においてもCRSSのピ-ク温度はγ相の析出により上昇する. 6.0.2〜0.5mol%Cを添加したNi_3(Al,Cr)中への炭化物の析出 (1)溶体化後のビッカ-ス硬度のは270〜290でC添加料が多いほど高くなる.(2)時効の初期では転位線上に微細M_<23>C_6型炭化物の析出が観察された.時効の進行とともに母相γ'中にも微細炭化物の析出がみられるようになり,過時効段階では析出物は〈001〉方向に成長して棒状となる. 続きを見る
本文を見る

類似資料: