船の自航推進性能算定法の開発

閲覧数: 11
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

船の自航推進性能算定法の開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of a Method to Calculate the Propulsive Performance of a Ship
責任表示:
中武 一明(九州大学・工学部・教授)
NAKATAKE Kuniharu(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1989-1990
概要(最新報告):
平成元年度〜2年度の研究実績は次のとおりである。 1.まず波流れを計算するためのランキン・ソ-ス法の一つとして、精度が良く安定した計算法である九大法を開発した。これを船体、プロペラおよび舵の相互干渉、つまり推進性能を求めるプログラムに組込んで船の推進性能に及ぼす造波の影響を明らかにした。 2.Wigley数式船型とSSPA720貨物船型の長さ2.5m模型船を製作し、抵抗自航試験、船尾流場特にプロペラ面での流場計測を5孔ピト-管を用いて行った。 3.ポテンシャル流れと境界層近似を用いた粘性流れ計算法を開発した。また船尾にペロペラを取り付けて、プロペラが作動する時の粘性流れが計算できるように拡張した。計算された伴流分布と2で求めた実験値は良い一致を示した。 4.推進性能算定用プログラムと粘性流れ計算用プログラムの間で繰り返し計算を行うことにより、波および粘性流れまで含んだ船の自航推進性能を算定することが可能となった。 5.実船プロペラ特性を求める簡易計算法を開発し、従来実験で得られているスラスト係数、トルク係数およびプロペラ効率に対する尺度影響を説明することができた。 6.2軸船の推進性能算定用のプログラムを作成し、伴流の面内流れまで取入れた本計算法によって、2軸船の推進性能の特性を明らかにした。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
高速船の推進性能算定に関する研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
3
高速船推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
4
船の推進性能を改良する前方翼車の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
5
規則波中の船の推進性能算定法に関する研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
1.
高速船の推進性能算定に関する研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
3.
高速船推進性能算定法の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
4.
船の推進性能を改良する前方翼車の開発 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu
5.
規則波中の船の推進性能算定法に関する研究 by 中武 一明; NAKATAKE Kuniharu