LIF法による遷音速流れ場の三次元速度ベクトルと温度の同時計測

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

LIF法による遷音速流れ場の三次元速度ベクトルと温度の同時計測

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Simultaneous Measurements of Velocity Vector and Temperature in Transonic Flow by Laser-Induced Fluorescence Method
責任表示:
井上 雅弘(九州大学・工学部・教授)
INOUE Masahiro(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1989-1991
概要(最新報告):
本研究は、気体中に微量のヨウ素ガスをトレ-サとして混入し、これにアルゴイオンレ-ザビ-ムを照射して得られるヨウ素分子の蛍光を測定して、遷音速流れ場の三次元的構造を明らかにすることを目的とした。本研究で得られた成果を以下に述べる。 1.遷音速翼列間の流れ場を模擬できる翼型を基礎としたノズルを製作した。また、アルゴンレ-ザビ-ムの伝送状態を詳細に調査、把握してLIF計測に最適なレンズ・ミラ-系を設計、製作するとともに、コンピュ-タ制御のノズル内レ-ザビ-ムトラバ-ス装置を製作した。 2.アルゴンレ-ザを広帯域発振モ-ドとし、得られた蛍光強度より温度分布を解析した。この方法で得た温度を、ノズル壁面静圧とよどみ点圧力から計算した温度と比較した結果、本研究で開発したLIF法により遷音速流れ場の温度が±3%以内の高精度で測定できることが分かった。この測定結果より、ノズル内における音速線の位置、スロ-ト曲がり部におけるはく離の発生をはじめ、スロ-ト近傍における二次流れの発生状態が明らかになり、本研究で開発した計測方法が遷音速流れ場の解明に極めて有効であることが示された。 3.アルゴンレ-ザの共振器内部に角度可変のエタロン板を挿入し、レ-ザの発振波長を狭帯域化した。これによりヨウ素の励起波長を走査し、遷音速ノズル内の各点における蛍光のスペクトルプロファイルを得た。スペクトルのドップラ-・シフト量よりノズル内の速度分布を計算したが、このようにして得られた速度は静圧測定から計算した速度と良く一致し、本方法により遷音速流の速度場が測定できることが示された。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
複雑内部流れの三次元剥離 by 井上 雅弘; INOUE Masahiro
9
複雑内部流れ解析におけるEFDとCFDの同化 by 古川 雅人; FURUKAWA Masato
10
ファイバL2Fの開発研究 by 速水 洋; HAYAMI Hiroshi
3.
複雑内部流れの三次元剥離 by 井上 雅弘; INOUE Masahiro
9.
複雑内部流れ解析におけるEFDとCFDの同化 by 古川 雅人; FURUKAWA Masato
10.
ファイバL2Fの開発研究 by 速水 洋; HAYAMI Hiroshi
11.
超臨界ディフューザ流れの不安定現象の解明 by 松尾 一泰; MATSUO Kazuyasu