ショウジョウバエ神経系の後期発生におけるニュ-ロブラスト分化の遺伝制御機構

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ショウジョウバエ神経系の後期発生におけるニュ-ロブラスト分化の遺伝制御機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Genetic mechanisms involved in the neurogenesis during the postembryonic development in Drosophila melanogaster.
責任表示:
谷村 禎一(九州大学・教養部・助教授)
TANIMURA Teiichi(九州大学・教養部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1989-1991
概要(最新報告):
発生過程における“神経回路網形成機構"を解明するためにショウジョウバエにおいて、エンハンサ-・トラップ法による研究をおこなった。エンハンサ-トラップ法とは、既知の弱い活性を有するショウジョウバエのプロモ-タ-に連結した大腸菌のβーガラクトシタ-ゼ遺伝子(1acZ)を,P因子を介してゲノム上のランダムな位置に挿入させ、1acZの発現により組織特異的な遺伝子発現を検出するものである。1acZが組織特異的な発現を制御するエンハンサ-配列の近傍に挿入されると、エンハ-サ-の特異性を反映して1acZが発現されるため、酵素活性染色により特定の遺伝子発現を組織上(in situ)で見ることができる。初年度の研究により明らかにされたブロモデオキシウリジン(Brdu)をマ-カ-とした免疫組織化学法で同定されたニュ-ロブラスト、それより生じた神経節母細胞、あるいは特定の神経細胞において、ある発生段階で1acZが発現される系統を同定した。また、成虫原基において位置情報を反映する発現パタ-ンを示す系統を同定した。さまざまな発生段階における1acZの発現パタ-ンから、これらの系統は後期発生に関わる重要な遺伝子であることが推測された。これらの系統について染色体地図上の1acZ挿入部位をin situ hybridization法で決定した。挿入されたP因子の再転移によって胚期致死突然変異体が分離されたことから、後期発生に重要な遺伝子は初期発生にも関与していることが示唆された。数系統について、プラスミドレスキュ-法でP因子挿入近傍のDNAをクロ-ニングすることができたことにより、分子レベルでの研究の手掛かりを得ることができた。 続きを見る
本文を見る

類似資料: