太陽熱エネルギーの資源化に関する研究

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

太陽熱エネルギーの資源化に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
藤井 哲(九州大学・機能物質科学研究所・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1989
概要(最新報告):
1.太陽熱利用システムに関して、日射の実測、模擬プラントによる集熱量等の実測及びシステムの性能評価法の開発を行い,太陽光の特性およびそれがシステム性能に及ぼす影響を明らかにした。2.新冷媒HFC134aの管内蒸発・凝縮熱伝達特性及び混合冷媒の組成がヒートポンプシステムに及ぼす影響を実験的に明らかにするとともに、理論計算により太陽熱利用ヒートポンプシステムにはHCFC1342b+HCFC22系混合冷媒が適していることを示した。3.混合冷媒の管内蒸発における伝熱特性を実験値に基づいて解析するとともに、内面溝付き管による伝熱促進効果を明らかにした。4.相互不溶解性の冷媒ループを有する高性能空調用吸収ヒートポンプサイクル及び太陽熱の昇温化に効果的な自己再生型昇温吸収サイクルという新しいサイクルの有効性をシミュレーションにより示すとともに、マランゴニ効果を利用した吸収促進機構の理論的解明を行った。5.新しい代替フロン物質HFC134a,HFC123,HCFC142b及び混合冷媒HFC22+HCFC142bの熱力学性質の測定を行い、それらの相関式及び状態方程式を作成した。また,HCFC22+HCFC114系混合冷媒の熱物性データベースを開発した。6.太陽熱利用乾燥空気製造システムの要素機器である畜乾槽と除湿器に関する実験を行い,それぞれの基礎的特性を明らかにした。7.太陽熱利用昇温型吸収ヒートポンプ式乾燥システムのシミュレーションによりシステムの評価法を確立するとともにその要素機器である縦型管内吸収熱交換器の特性を実験的に明らかにした。8.太陽・空気熱源ヒートポンプシステムの実験及びシミュレーションを行い、冷媒直膨式集放熱パネルの特性を明らかにするとともにその性能改善法を示した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

3
太陽熱利用の給湯・暖房設備に関する開発実験 by 日本住宅公団建築部調査研究課
4
太陽熱利用給湯および給湯暖房システムの実用性能に関する試行実験 by 住宅都市整備公団建築部建築技術開発室
3.
太陽熱利用の給湯・暖房設備に関する開発実験 by 日本住宅公団建築部調査研究課
4.
太陽熱利用給湯および給湯暖房システムの実用性能に関する試行実験 by 住宅都市整備公団建築部建築技術開発室