UDPーグルクロン酸転移酵素精製のための高時能アフィニティ-担体の開発

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

UDPーグルクロン酸転移酵素精製のための高時能アフィニティ-担体の開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Preparation of a High Performance Affinity Gel for Purification of UDP-Glucuronyltransferase
責任表示:
小栗 一太(九州大学・薬学部・助教授)
OGURI Kazuta(九州大学・薬学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1989-1990
概要(最新報告):
この研究では、UDPーグルクロン酸転移酵素(UDPーGT)の分離精製に有効な新しいアフィニティ-担体ゲルの調製について検討を行なった。初年度は、6ーsuccinylmorphineをωーaminooctyl Sepharose 4Bに結合させた担体がUDPーGTイソ酵素の分離に優れた性能を示すことを明らかにした。その末端のmorphine部分は加水分解されやすく、解離してしまうことから、ωーaminooctyl Sepharose 4Bのsuccinic acid誘導体が高分離能を示す本体であると推定されたので、ωーcarboxylpropionylaminooctyl Sepharose 4Bを調製したところ、よい分離能を示すことが明らかになった。初年度には、この担体を使用し、そのあとにUDPーhexanolamine Sepharose 4Bゲルを用いて、ラットのmorphineに特異性の高い新しいUDPーGTを精製した。次年度、ラット肝ミクロソ-ムから4ーnitrophenolと4ーhydroxybiphenylに特異性の高いほぼ均一な標品が得られた。さらに、このゲルを用いてモルモットとビ-グル犬の肝ミクロソ-ムのUDPーGTを行なった。これまでモルモットやイヌのUDPーGTの精製の報告はなされていない。モルモットからはフェノ-ル類に高い活性を示すイソ酵素が得られた。そのモノマ-分子量は54,000であり、Nー末端アミノ酸配はラットのtestosterone UDPーGTおよびウサギのestrone UDPーGTの配列と同一であった。また、イヌからも2つのUDPーGT精製標品が得られた。分子量50,000のイソ酵素はmorphineに高い活性を示すことから、morphine UDPーGTと名付けた。もう1つの広い基質特異性を示す分子量52,000の酵素はUDPーGT_<dogー1>と名付けた。後者のNー末端アミノ酸配列はラットの4ーmethylumbelliferone UDPーGTと同一であった。以上のように本研究において開発した新しいアフィニティ-担体ゲルによって4つのUDPーGTの単離精製に成功した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
オピオイド受容体探索子の設計と合成 by 兼松 顯; KANEMATSU Ken; 兼松 顕
4
2,2ʼ,3,4,4ʼ,5,5ʼ-七塩素化ビフェニル(CB180)の動物肝ミクロゾームによる代謝 by 太田, 千穂; Ohta, Chiho; Ota, Chiho; 原口, 浩一; Haraguchi, Koichi; 加藤, 善久; Kato, Yoshihisa; 遠藤, …
4.
2,2ʼ,3,4,4ʼ,5,5ʼ-七塩素化ビフェニル(CB180)の動物肝ミクロゾームによる代謝 by 太田, 千穂; Ohta, Chiho; Ota, Chiho; 原口, 浩一; Haraguchi, Koichi; 加藤, 善久; Kato, Yoshihisa; 遠藤, …
7.
オピオイド受容体探索子の設計と合成 by 兼松 顯; KANEMATSU Ken; 兼松 顕