蝸牛血管条細胞内電位とイオン分布

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

蝸牛血管条細胞内電位とイオン分布

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
小宗 静男(九州大学・医学部・講師)
本文言語:
日本語
研究期間:
1989-1991
概要(最新報告):
平成元年度,2年度の研究成果から,血管条辺縁細胞の正確な電位,Na^+K^+イオン濃度を同定するためには,どうしても内リンパ側から血管条辺縁細胞へ刺入するアプロ-チが必要であることが判明した。そこで,前庭階に小孔を作成し,ライスネル膜を経由して,内リンパ側から辺縁細胞への電極刺入を試みた。しかしながら,その結果は,血管条外側壁からのアプロ-チによる結果と大差なかった。すなわち,血管条辺縁細胞の電位は,蝸牛中央階の電位よりも,約10mV低く,Kイオンもやや低く,Naイオンはやや高いという結果が得られた。また,血管条内でのイオン濃度勾配は,内リンパ側が,Kが高く,Naは低いという結果であった。また,dataのバラツキもかなり大きかった。以上の結果は,内リンパ経由で辺縁細胞に電極刺入をしても,その結果は,血管条外側壁からのアプロ-チにくらべて,手技的困難さだけが増し,何ら,新しい情報は得ることができなかった。辺縁細胞の定量的解析には,技術的な改良も大事であるが,新たな測定器械の開発が必要と思われる。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
パッチクランプ法による蝸牛神経伝達物質の研究 by 上村 卓也; 小宗 静男; KOMUNE Sizuo
8
イオンと溶媒 by 日本化学会
10
イオンと元素 : 化学の「カラクリ」がよくわかる by 岩澤, 康裕; 桜井, 弘; 水谷, 仁
6
溶液内イオン平衡 : 理論と計算 by Bard, Allen J.; 松田, 好晴; 小倉, 興太郎
12
イオン定数 : 測定法と応用 by Albert, Adrien; Serjeant, E. P.; 松浦, 貞郎
2.
パッチクランプ法による蝸牛神経伝達物質の研究 by 上村 卓也; 小宗 静男; KOMUNE Sizuo
6.
溶液内イオン平衡 : 理論と計算 by Bard, Allen J.; 松田, 好晴; 小倉, 興太郎
8.
イオンと溶媒 by 日本化学会
10.
イオンと元素 : 化学の「カラクリ」がよくわかる by 岩澤, 康裕; 桜井, 弘; 水谷, 仁
12.
イオン定数 : 測定法と応用 by Albert, Adrien; Serjeant, E. P.; 松浦, 貞郎