魚類の仔魚期における代謝量と体重の関係

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

魚類の仔魚期における代謝量と体重の関係

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Metabolism-Body Mass Relationship During the Larval Stage of Fish
責任表示:
及川 信(九州大学・農学部・助手)
OIKAWA Shin(九州大学・農学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1989-1990
概要(最新報告):
動物の代謝量Mと体重Wの間の関係式M=aW^bにおけるb値は普通1より小さく、代謝速度M/Wは体重の増大に伴って低下する。しかし個体発生の初期にもこの現象が認められるかどうかは明かでない。本研究では発育段階の初期における代謝量ー体重関係が後期とどのように違うのか、またなぜ異なるのかをマダイPagrus majorでしらべた。 (1)生きたマダイの代謝量Min vivoは概ね前期仔魚期(体重0.00020ー0.00025g,0ー6日齢)、後期仔魚期(0.0003ー0.05g,8ー25日齢)、稚魚期以降(0.005g以上)に対応する3相性の個体発生的変化を示した。前期仔魚期には体重は殆ど変化せず、M/Wは日齢とともに4.9から18μ1.g^<ー1>・min^<ー1>まで直線的に増大し、後期仔魚期にはM/Wは体重に関らずほぼ一定で(b=0.95)、稚魚期以降は体重の増大に伴って低下した(b=0.82)。従って普遍的現象とされてきたM/Wの体重増大に伴う低下は仔魚期には認められなかった。 (2)0.00020ー2.9g(0ー67日齢)のマダイの体全体の細切片の代謝量Min vitroも生きたマダイと同様の3相性の個体発生的変化を示し、M/Wは前期仔魚期には日齢とともに直線的に増大し、後期仔魚的にはほぼ一定で(b=0.92)、稚魚期以降は低下した(b=0.77)。従ってM/Wの体重依存現象はin vitroにおいてもin vivoと同様に認められた。 (3)0.00022ー0.021g(6ー37日齢,概ね後期仔魚期に相当)のマダイの体を頭部、躯幹部、内臓に分けたときの部分重量の相対成長はいずれもisometryであった。また部分の組織呼吸量Qo_2は僅かに体重増大に伴って低下する傾向にあったが、体重に対する相関は認められなかった。部分の相対成長とQo_2から計算した個体当り呼吸量M'in vitroと体重Wの間の関係式におけるb値は0.94となり、この値はMin vivoの0.95、Min vitroの0.92と近似していた。従って後期仔魚期にM/Wが体重に関らずほぼ一定なのは相対成長がほぼisometryなためと考えられた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

8
エツCoilia nasus Temminck et Schlegelの生態的研究 : II.卵発生及び仔魚に及ぼす塩分濃度の影響 by 松井, 誠一; 冨重, 信一; 塚原, 博; Matsui, Seiichi; Tomishige, Shin-ichi; Tsukahara, Hiroshi
3
マダイの代謝量と体重との関係 by 板澤 靖男; ITAZAWA Yasuo
9
魚類血糖におよぼす反復採血および麻酔の影響 by 古市, 政幸; 米, 康夫; Furuichi, Masayuki; Yone, Yasuo
6
カワハギの卵発生と仔魚前期 by 藤田, 矢郎; Fujita, Shiro
12
海水魚の浸透圧調節に関する一実験 : 稀釈海水中におけるマダイの浸透圧調節 by 板沢, 靖男; 早川, 悟; Itazawa, Yasuo; Hayakawa, Satoru
3.
マダイの代謝量と体重との関係 by 板澤 靖男; ITAZAWA Yasuo
6.
カワハギの卵発生と仔魚前期 by 藤田, 矢郎; Fujita, Shiro
8.
エツCoilia nasus Temminck et Schlegelの生態的研究 : II.卵発生及び仔魚に及ぼす塩分濃度の影響 by 松井, 誠一; 冨重, 信一; 塚原, 博; Matsui, Seiichi; Tomishige, Shin-ichi; Tsukahara, Hiroshi
9.
魚類血糖におよぼす反復採血および麻酔の影響 by 古市, 政幸; 米, 康夫; Furuichi, Masayuki; Yone, Yasuo
12.
海水魚の浸透圧調節に関する一実験 : 稀釈海水中におけるマダイの浸透圧調節 by 板沢, 靖男; 早川, 悟; Itazawa, Yasuo; Hayakawa, Satoru