高分子リグニン配糖体のリグニン分解酵素による分解

閲覧数: 44
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

高分子リグニン配糖体のリグニン分解酵素による分解

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Degradation of Lignin Glycosides by Lignin Oxidizing Enzymes
責任表示:
近藤 隆一郎(九州大学・農学部・助教授)
KONDO Ryuichiro(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1989-1990
概要(最新報告):
高分子リグニンにリグニン分解酵素を作用させた際、ラジカル重合反応糸を阻止しながら低分子化を促進させるのに必要な因子の1つとして、糖の存在に注目し、効果的なリグニンの酵素分解を試みた。 イ)DHPおよびDHP配糖体の合成 酵素分解の基質としてコニフェリルアルコ-ルの脱水素重合物(DHP)を合成した。また、著者が開発したβーグルコシダ-ゼを用いた酵素合成法によりイソコニフェリンを合成し、さらにコニフェリルアルコ-ルとイソコニフェリンの共重合体(DHP配糖体)を合成した。イソコニフェリンとコニフェリルアルコ-ルの混合比を変化させ種々のDHP配糖体を合成した。 2)DHPおよびDHP配糖体の酵素分解 市販のペルオキシダ-ゼ,ラッカ-ゼおよびPhanerochaete Chrysosporiumから単離したリグニンペルオキシダ-ゼ,カワラタケから単離したラッカ-ゼをDHPおよびDHP配糖体に作用させ、処理前後の分子量分布を測定した。DHPは顕著に高分子化したのに対し、DHP配糖体では、低分子化が認められた。 即ち、高分子リグニンは配糖化されることにより、in vitroで酵素分解が可能であることが明らかとなった。 3)ミセルの形成 木材腐朽菌によりリグニンが生分解を受ける際、高分子リグニンは配糖化されることによって、ミセルを形成し、容易に水溶性化することが明らかとなった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
Studies on the Treatment of Kraft Bleaching Effluents with Lignin-degrading Fungi by 李, 宣鎬; 近藤, 隆一郎; 坂井, 克己; Lee, Sen-Ho; Kondo, Ryuichiro; Sakai, Kokki
8
ニコチンの酵素的分解に対する批評 by 久納, 佑孚; Kuno, Yufu
6
クラフトパルプの酵素漂白に関する研究 by 近藤 隆一郎; KONDO Ryuichiro
2.
Studies on the Treatment of Kraft Bleaching Effluents with Lignin-degrading Fungi by 李, 宣鎬; 近藤, 隆一郎; 坂井, 克己; Lee, Sen-Ho; Kondo, Ryuichiro; Sakai, Kokki
6.
クラフトパルプの酵素漂白に関する研究 by 近藤 隆一郎; KONDO Ryuichiro
8.
ニコチンの酵素的分解に対する批評 by 久納, 佑孚; Kuno, Yufu