木材乾燥に対する意識の位相と国産乾燥木材の生産流通及び価格形成の適正化の研究

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

木材乾燥に対する意識の位相と国産乾燥木材の生産流通及び価格形成の適正化の研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
A Research on the Phases of Consciousness about Wood Drying and the Rationalization of Production-Distribution and the Price Formation of Dried Timbe
責任表示:
堺 正紘(九州大学・農学部・附属演習林・助教授)
SAKAI Masahiro(九州大学・農学部・附属演習林・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1989-1991
概要(最新報告):
木材の流通・利用をめぐる状況の変化の中で、すなわち(1)住宅供給形態の変化(企業の進出やプレカットシステムの増加)、(2)冷暖房の普及や遮音・断熱性に対する要求の向上、(3)大型木造建築物の増加、(4)伐出産生の機械化や原木市売市場の発達等による木材の生産・流通構造の変化、などに伴って木材の乾燥問題がクロ-ズアップされるようになった。しかし、1987年の乾燥木材の生産量は945m^3で、製材工場の製材品出荷量の3.1%を占めるに過ぎない。しかも大半が造作材、フロ-リングや集成材の原板、家具用材、梱包用材等であり、柱角のような建築用構造用材は29%に過ぎない。本研究では、建築用木材の分野での乾燥木材の生産・流通の最適シストムを明らかにすることを目的に、製材工場(1989年度)とプレカット工場(1990年度)の木材乾燥に対するアンケ-ト調査並びに原木乾燥に関する産地調査(1991年度)を実施した。 木材乾燥は原木の天然乾燥と製材品の天然及び人工乾燥との効果的な組合せが課題であるが、スギ材産地の製材工場では、製品の天然乾燥(1ヶ月以上)は39%、人工乾燥は22%、原木天然乾燥(1ヶ月以上)でも48%が行っている過ぎない。これは乾燥木材と生材との価格差が小さく乾燥コストが償えないからであるが、木材乾燥による材質や商品管理上のメリットについては多くの製材工場が認めている。 プレカットは在来木造建築の分野では顕著な伸びが続いているが、プレカット工場の木材品質に対する要求は一般工務店よりも厳格である。部材の含水率管理の現状はまだ甘いが、それは乾燥木材供給量の絶対的な不足によるところが大きい。 葉枯らし等による乾燥原木の生産量は688千m^3、国有林230千m_3、民有林458千m^3であり、民有林では奈良県を中心とする近畿地区に36%が集中する等地域性が大きい。またマニュアルの見直しを求める声も強い。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
木材乾燥法 by 松本, 文三
2
木材の乾燥 by 泉, 岩太
8
木材乾燥のすべて by 寺澤, 眞
9
木材及び木材乾燥 by 藤林, 誠; 泉, 岩太
4
木材産業再編期における原木集荷圏の変容 : 岡山県真庭地域を事例に by 外山, 正次郎; 川崎, 章恵; Toyama, Shojiro; Kawasaki, Akie
2.
木材の乾燥 by 泉, 岩太
3.
木材の高周波真空乾燥 by 寺澤, 眞
4.
木材産業再編期における原木集荷圏の変容 : 岡山県真庭地域を事例に by 外山, 正次郎; 川崎, 章恵; Toyama, Shojiro; Kawasaki, Akie
7.
木材乾燥法 by 松本, 文三
8.
木材乾燥のすべて by 寺澤, 眞
9.
木材及び木材乾燥 by 藤林, 誠; 泉, 岩太