高圧噴射とパイロット噴射の組合わせによる圧縮点火系の排氣有害物貭低減に関する研究

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

高圧噴射とパイロット噴射の組合わせによる圧縮点火系の排氣有害物貭低減に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Studies on Improvement of Combustion with an Accumulator-type Fuel Infection System Coupled with Pilot Injection
責任表示:
和栗 雄太郎(九州大学・工学部・教授)
WAKURI Yutaro(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1989-1990
概要(最新報告):
平成1〜2両年度で実施した高圧噴射とパイロット噴射の組合わせによる圧縮点火機関のNOx及び排氣微粒子の同時低減並びに低貭燃料噴霧の燃焼促進についての研究結果から次の知見が得られた。 1)高圧噴射は噴霧の燃焼状態の改善に極めて有効で、特に排氣煙やすすの発生制御に効果的である。 2)高圧噴射は噴口径一定の場合でも持込運動量の増大に伴うシリナダ内乱れの促進や噴霧の微粒化特性の改善などの効果で、燃焼状態は向上するが、噴射圧の増大に対応して噴口径を減少させると,その効果は一段と顕著である。それは噴霧の空氣過剰率の向上に起因する。 3)パイロット噴射により主噴霧の点火におくれは短縮され、予混合燃焼が抑制されるが、高圧噴射により拡散燃焼を促進する効果がある。 4)パイロット噴射の方向は、燃焼室の円周方向に噴射し、主噴霧の一つの先端に点火する場合よりも、半径方向に噴射して主噴霧全体の中心部に点火した方が点火おくれの短縮に有効である。 5)残渣燃料の噴霧は空氣スワ-ルによる分散がA重油のような蒸留成分主体の噴霧に比較して劣るので、最適の燃焼状態を実現するためには強いスワ-ルを必要とする。 6)ビストン壁面への燃料噴霧の衝突と空氣スワ-ルの組合わせは、噴霧の液体コア部分から細かい微粒を引き出し、また新鮮な空氣を供給することにより拡散燃焼期間の燃焼を促進することで残渣燃料油の燃焼向上に有効である。 7)圧縮空氣温度の上昇は残渣燃料中の蒸留成分の蒸発を促進することでその燃焼率を向上し、その結果として雰囲氣温度の急上昇をもたらし、残渣成合の蒸発、燃焼を促進する。したがって残渣燃料では噴霧が壁面に到達する前に点火させることが極めて重要と判断される。 続きを見る
本文を見る

類似資料: