油を含む冷媒の水平蒸発管内熱伝達係数の予測方法の確立

閲覧数: 4
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

油を含む冷媒の水平蒸発管内熱伝達係数の予測方法の確立

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Prediction of Heat Transfer Coefficients for Flow Boiling of Refrigerant-Oil Mixtures in Horizontal Evaporator Tubes
責任表示:
吉田 駿(九州大学・工学部・教授)
YOSHIDA Suguru(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1989
概要(最新報告):
1.質量分率で0〜6%の油を含む冷媒の水平平滑蒸発管内熱伝達に関する実験および理論解析を行い、次のような結果を得た。 (1)気液が上下に分離した流れになる低流量の場合、冷媒に油が混入すると、主としてフォ-ミングによって管内周上のぬれ部分が増大するため、クオリティの広い範囲にわたって伝熱が向上する。 (2)比較的高流量になると、完全な環状流になっていない低クオリティ域では、同様にフォ-ミングのため伝熱は向上するが、環状流が形成される高クオリティ域では純冷媒の場合より伝熱が低下する。これは、液膜が薄い管頂側ほど油濃度が高くなり液の粘性係数が大きくなるため局所的に伝熱が著しく悪くなり、その結果周平均熱伝達係数が低下することになる。 (3)油を含む冷媒の周平均熱伝達係数は、高流量低熱流束の場合には、冷媒・油混合液の物性値を用いて、純冷媒の熱伝達予測式から見積ることができる。高流量高熱流束および低流量の場合には、管周上を管頂側の油濃度の高い領域と管底側の油濃度の低い領域に二分し、各油濃度に対応した物性値を用いて純冷媒の予測式から見積られる各領域の熱伝達係数を境界条件として管壁内の二次元熱伝導計算を行うことにより、十分な精度で予測することができると考えられる。 2.内面ら施溝付蒸発管を用いて実験を行い、次の結果を得た。 (1)油質量分率およびクオリティが大きいほど、伝熱は一般に悪くなるが、高流量高熱流束で低クオリティ域では伝熱の向上が認められる。 (2)低流量の場合、熱伝達係数は平滑管の値の約2倍であるが、この伝熱促進の程度は純冷媒の場合に比べて約2/3に低下している。高流量の場合、熱流束と油質量分率が大きくなると、純冷媒の場合とは異なり、高クオリティ域で著しい伝熱促進が達成される。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
直接接触蒸発熱交換による廃熱回収 by 藤田 恭伸; Fujita Yasunobu
10
二成分混合液の管内沸騰熱伝達の機構 by 藤田 恭伸; FUJITA Yasunobu
5.
HCFC-22代替混合冷媒の伝熱促進管の開発 by 吉田 駿; YOSHIDA Suguru
7.
直接接触蒸発熱交換による廃熱回収 by 藤田 恭伸; Fujita Yasunobu
10.
二成分混合液の管内沸騰熱伝達の機構 by 藤田 恭伸; FUJITA Yasunobu
12.
管内沸騰の高クオリティ噴霧流熱伝達の促進 by 藤田 恭伸; FUJITA Yasunobu