中重核イラスト領域における非線型集団運動の徴視的研究

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

中重核イラスト領域における非線型集団運動の徴視的研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Microscopic Study of Non-Linear Collective Motions in Yrast Region of Medium-Heavy Nuclei
責任表示:
高田 健次郎(九州大学・理学部・教授)
TAKADA Kenjiro(九州大学・理学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1990
概要(最新報告):
本研究においては,中重核イラスト領域における集団運動理論に,運動学的・動力学的非調和効果をくり込む理論的枠組みを確立し,これを用いて低・高スピン領域の集団運動を分析することを目的とした。 低スピン領域の側面からのアプロ-チとして, 1.低スピン領域における集団的励起状態を,球形基底に基づいたダイソンボソン展開法によって分析した。特にこの方法をSm同位原子核や^<208>Pbの八重極ユフォノン状態の構造の研究に応用した。 2.非線型結合効果をくり込んだ形の動力学的ボソン展開法であるダイソン型自己無撞着集団座標法を確立し,これを用いてSm 同位原子核の振動・回転相転移現象を分析した。 また高スピン領域の側面からのアプロ-チとして, 3.回転・振動・回転整列した準粒子モ-ドの統一的記述のため,変形基底に基づく「回転殻模型+RPA+準核子・振動回転結合模型」を確立した。 4.超高スピン状態における巨大変形回転バンド,対相転移,準核子回転バンドのE2,M1遷移の異常性を上記(3)の方法で分析した。 5.ソフトな変形効果を取扱うため,集団的回転・振動の高次の相互作用をくり込めるようボソン展開法を拡張し,核の首振り運動の分析に応用した。 その他,本研究の副産物として,角運動量合成の数式処理の世界最初のプログラムの開発に成功した。このプログラムは今後量子物理学の各分野で利用されるであろう。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
原子核構造の多体的研究 by 高田 健次郎; TAKADA Kenjiro
7
Identification and control of mechanical systems by Juang, Jer-Nan; Phan, Minh Q.
8
Mechanical vibration : analysis, uncertainties, and control by Benaroya, Haym, 1954-; Nagurka, Mark L.
9
Vibrations of engineering structures by Brebbia, C. A., 1938-
10
交通騒音・振動の予測手法と防止法 by 小坪 清真; Kotsubo Seima
12
Mechanical vibrations : theory and applications by Tse, Francis Sing, 1919-; Morse, Ivan E.; Hinkle, Rolland Theodore, 1913-
1.
原子核構造の多体的研究 by 高田 健次郎; TAKADA Kenjiro
7.
Identification and control of mechanical systems by Juang, Jer-Nan; Phan, Minh Q.
8.
Mechanical vibration : analysis, uncertainties, and control by Benaroya, Haym, 1954-; Nagurka, Mark L.
9.
Vibrations of engineering structures by Brebbia, C. A., 1938-
10.
交通騒音・振動の予測手法と防止法 by 小坪 清真; Kotsubo Seima
12.
Mechanical vibrations : theory and applications by Tse, Francis Sing, 1919-; Morse, Ivan E.; Hinkle, Rolland Theodore, 1913-