中枢神経単離ニュ-ロンにおけるグリシン受容器電位発生機構の巨視的および微視的解析

閲覧数: 16
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

中枢神経単離ニュ-ロンにおけるグリシン受容器電位発生機構の巨視的および微視的解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Macro- and microscopic analysis of glycine-gated response in isolated CNS neurons.
責任表示:
赤池 紀生(東北大学・医学部・教授)
AKAIKE Norio(東北大学・医学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1989
概要(最新報告):
幼若ならびに成熟ラットの視床下部腹内側核(VMH)よりニュ-ロンを単離し、細胞内淮流と外液瞬時交換法を用いてグリシンで賦活されるイオン電流の薬理学的性質やKineticsを膜電位固定下にて調べた。グリシンで惹起されたイオン電流はCl^-の平衡電位(ECl)で逆転し、外液Cl^-の10倍の変化に対して53mVの平衡電位の移行がみられた。グリシンで惹起されたCl^-電流の用量反応曲線において、Kd値は9×10^<-5>MでHill係数は1.8であった。グリシンで惹起されるイオン電流はー50mVより過分極側で強い膜電位依存性を示し、ー110mV以上の過分極ではコンダクタンスの増加は起らなかった。グリシン応答の活性・不活性化相ともに2つの指数関数の和でフィットされ、またグリシン濃度の増加で減少した。ストリキニ-ネとピクロトキシンによってグリシン応答は非競合的に抑制された。αとβアミノ酸の応答はストリキニ-ネで選択的に抑制されたがビククリン、ピクロトキシンやタウリンの拮抗剤TAGによっては影響されなかった。すなわち、αとβのアミノ酸類は同じグリシン受容器を賦活する。VMHニュ-トロンのT型CaチャネルのCa拮抗薬に対する性質は末梢のそれとは大きく異なる。小脳より単離してプルキンエ細胞のGABA応答の発現機序についても検討を行ない、中枢神経ニュ-ロンのGABA受容器の特性もあわせて解明した。単離孤束核ニュ-ロンにおいて、ストリキニ-ネ非感受性のグリシン受容器がNMDA受容器の活性化に関与し、NMDA受容器の脱感作相には影響を与えないことも明らかとなった。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

5
中枢循環血圧調節機構の統合的解析 by 赤池 紀生; AKAIKE Norio
5.
中枢循環血圧調節機構の統合的解析 by 赤池 紀生; AKAIKE Norio