フタトゲチマダニの吸血、発生及び生態とタイレリア原虫の生活環

閲覧数: 41
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

フタトゲチマダニの吸血、発生及び生態とタイレリア原虫の生活環

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Feeding, development and ecology of the cattle tick, Haemaphysalis longicornis, together with the life cycle of Theileria sergenti.
責任表示:
内田 照章(九州大学・農学部・教授)
UCHIDA Teruaki(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1989
概要(最新報告):
1.両性生殖系(2n)の雌は交尾しないと飽血離脱及び正常産卵しなかった。交尾は早いものでは吸血開始後3〜4日で起こった。産卵数と吸血雌体重との間には正の相関があり、体重が重いほど産卵数は多かった。 2.吸血に伴って発達し始めた卵母細胞は吸血開始後4日目に卵巣表層から血体腔に突出し、卵巣上皮細胞由来の索状細胞によって支えられるようになった。卵黄形成と卵殻合成は飽血離脱日に開始された。卵黄形成期には核窩を持つ大きな卵核は索状細胞側に位置するようになり、よく発達した微絨毛と活発な飲作用が形質膜上に認められた。成熟した卵母細胞は索状細胞間隙を通過し、卵巣腔へと排卵された。多数の精子は排卵時には卵巣腔に達しており、それらの幾つかは卵巣上皮細胞の微絨毛と接し、あるいは索状細胞形質膜の嵌入部に侵入していた。排卵された卵には特徴的な卵核がもはや認められなかったので、精子は卵巣腔において卵母細胞を受精させると考えられた。 3.フタトゲチマダニ若虫における宿主血液消化を飽血離脱から脱皮後5日目まで調べた。中腸に含まれる総蛋白質量は離脱から脱皮直前まで急激に、その後は非常に緩慢に減少した。中腸に含まれる蛋白質の大部分は多量のヘモグロビンと少量のアルブミンであり、これらの消化速度は前者で後者よりも速かった。ヘモグロビン消化の残余物ヘマチンはヘモグロビンの減少につれて増加し、脱皮後1〜5日目に急激に排泄された。 4.電顕的観察によって、中腸は末吸血期には栄養貯蔵器官として、吸血期及び前脱皮期には宿主血液の上皮細胞内消化器官として、脱皮後には再び栄養貯蔵器官として機能した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
Studies on Seasonal Fluctuations of Populations and Overwintering in the Cattle Tick, Haemaphysalis longicornis by Shiraishi, Satoshi; Yoshino, Kenichi; Uchida, Teruaki; 白石, 哲; 内田, 照章
2
久住高原地域のフタトゲチマダニ防除に関する基礎的研究(1) : ダニの生態に関する予報 by 白石, 哲; 毛利, 孝之; 船越, 公威; 荒井,秋晴; 川路, 則友; 西村, 光博; 内田, 照章; Shiraishi, …
8
Structural Changes of the Female Genital System during and after Feeding in Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae) by Kakuda, Hiroyuki; Nishimura, Hiroaki; Mori, Takayuki; Shiraishi, Satoshi; 角田, 浩之; 毛利, 孝之; 白石, 哲
9
Ultrastructural Observations on Spermatogenesis within Testes in Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae) by Matsuo, Tomohide; Mori, Takayuki; Shiraishi, Satoshi; 松尾, 智英; 毛利, 孝之; 白石, 哲
4
久住高原地域のフタトゲチマダニ防除に関する基礎的研究 : II.室内におけるダニの発育過程 by 矢野, 泰弘; 白石, 哲; 内田, 照章; Yano, Yasuhiro; Shiraishi, Satoshi; Uchida, Teruaki
10
血色素の生理と臨床 by 上代, 晧三; 中尾, 喜久
6
卵殻形成の生理学 by 田中, 耕作; Tanaka, Kosaku
2.
久住高原地域のフタトゲチマダニ防除に関する基礎的研究(1) : ダニの生態に関する予報 by 白石, 哲; 毛利, 孝之; 船越, 公威; 荒井,秋晴; 川路, 則友; 西村, 光博; 内田, 照章; Shiraishi, …
4.
久住高原地域のフタトゲチマダニ防除に関する基礎的研究 : II.室内におけるダニの発育過程 by 矢野, 泰弘; 白石, 哲; 内田, 照章; Yano, Yasuhiro; Shiraishi, Satoshi; Uchida, Teruaki
6.
卵殻形成の生理学 by 田中, 耕作; Tanaka, Kosaku
7.
Studies on Seasonal Fluctuations of Populations and Overwintering in the Cattle Tick, Haemaphysalis longicornis by Shiraishi, Satoshi; Yoshino, Kenichi; Uchida, Teruaki; 白石, 哲; 内田, 照章
8.
Structural Changes of the Female Genital System during and after Feeding in Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae) by Kakuda, Hiroyuki; Nishimura, Hiroaki; Mori, Takayuki; Shiraishi, Satoshi; 角田, 浩之; 毛利, 孝之; 白石, 哲
9.
Ultrastructural Observations on Spermatogenesis within Testes in Haemaphysalis longicornis (Acari: Ixodidae) by Matsuo, Tomohide; Mori, Takayuki; Shiraishi, Satoshi; 松尾, 智英; 毛利, 孝之; 白石, 哲
10.
血色素の生理と臨床 by 上代, 晧三; 中尾, 喜久