新型多価不飽和脂肪酸によるコレステロ-ル代謝の調節

閲覧数: 6
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型多価不飽和脂肪酸によるコレステロ-ル代謝の調節

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Regulation of Cholesterol Metabolism by New-Type Polyunsaturated Fatty Acids
責任表示:
菅野 道廣(九州大学・農学部・教授)
SUGANO Michihiro(九州大学・農学部・教授)
菅野 道広(九州大学・農学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1989
概要(最新報告):
1.新型多価不飽和脂肪酸(PUFA)の脂質代謝調節機能 (1)Biota orientalis(中国産Biota)種子油中の5c、11c、14c、17c-20:4及び5c、11c、14c-20:3酸の効果:予め必須脂肪酸欠乏状態にしたラットに20:4酸を10日間経口投与し、通常の多価不飽和脂肪酸と比較検討した。組織脂質の脂質酸組成の変化からこの脂肪酸は必須脂肪酸としての機能を有し、かつ脂質、とくに血清および肝臓のトリグリセリド濃度低下効果に優れることを認めた。ついで、PUFAの総量を同じくした油脂[紅花油、アマニ油、Biota油(20:4 8.9%、20:3 4.4%含有)]を10%レベルで含む高コレステロ-ル(CHOL)食で24日間の飼育実験を行い、Biota油はラット血漿CHOL及び肝臓トリグリセリド(TG)濃度の上昇を有意に抑制した。ADPによる血小板凝集にも影響しなかった。両実験の結果から、Biota種子油はプロスタグランジン産生に影響することなしに優れた脂質代謝改善効果を有することが指摘された。 (2)Pinus Koraiensis(韓国産松実)種子油中の5c、9c、12c-18:3酸の効果:上記と同様な条件下で松実油(18:3 17.7%含有)の効果を比較検討した。松実油のラット血漿CHOL濃度上昇抑制効果は中間的であったが、血漿及び肝臓TG濃度は低い傾向にあった。大動脈によるプロスタサイリン(PGI_2)の産生及びADP誘発血小板凝集の程度にも差はなかった。 (3)5c、8c、11c、14c-19:4酸の代謝特性:19:4酸のラット単離肝臓灌流系における代謝効果をアラキドン酸と比較し、ケトン体産生、リポたん白質としての分泌の程度は高く、コレステロ-ル代謝にも特徴的影響を及ぼすことを認め、奇数酸の代謝特性の活用の可能性が示唆された。 2.高速液体クロマトグラフィ-(HPLC)によるエイコサノイドの分析蛍光標識法[Prostaglandins、31:71(1986)]がラットにおいても代表的なエイコサノイドの分析に利用できることを確かめた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

4
トコトリエノ-ル類の脂質代謝調節機能 by 管野 道廣; 菅野 道広
11
Cholesterol by Hindawi Publishing Corporation
6
醸造酢より抽出された固形成分の血中脂質に及ぼす影響 by 藤野, 武彦; Fujino, Takehiko; 金谷, 庄藏; Kanaya, Shozo; 加治, 良一; Kaji, Ryoichi; 大柿, 哲朗; Ogaki, Tetsuro; 堀田, 曻; Hotta, Noboru
4.
トコトリエノ-ル類の脂質代謝調節機能 by 管野 道廣; 菅野 道広
6.
醸造酢より抽出された固形成分の血中脂質に及ぼす影響 by 藤野, 武彦; Fujino, Takehiko; 金谷, 庄藏; Kanaya, Shozo; 加治, 良一; Kaji, Ryoichi; 大柿, 哲朗; Ogaki, Tetsuro; 堀田, 曻; Hotta, Noboru
11.
Cholesterol by Hindawi Publishing Corporation