ジェットパ-フォレ-タ-を用いた地熱生産井・還元井の能力回復法の開発

閲覧数: 8
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

ジェットパ-フォレ-タ-を用いた地熱生産井・還元井の能力回復法の開発

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Development of a new method using jet perforator for improvement of the capacity of a injection well
責任表示:
湯原 浩三(九州大学・工学部・教授)
YUHARA Kozo(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1989
概要(最新報告):
ジェットパ-フォレ-タ-を用いて地熱生産井や還元井の能力を回復させる方法を開発する中で、今回は還元井の能力を回復させる実験を中心として研究が行われた。それは実験を行うための条件を具えた坑井のうち借用可能な坑井が還元井に限られていたためである。 ジェットパ-フォレ-タ-としては最初は日本化薬(株)火薬研究所所有の成形爆薬を使用し、2回目以降は日本油脂(株)製ジェットチャ-ジを使用した。ジェットパ-フォレ-タ-等が坑井内を降下する時に障害となる坑井内のスケ-ルは、成形爆薬を装填した爆破装置によって除去することができた。この方法は坑井内のスケ-ル除去に効果的な方法である。ジェットパ-フォレ-タ-発破による還元能力の回復については、第1実験では4倍に増加後1/2に減少、第2実験では3倍に増加、第3実験では1.5倍に増加後3/4に減少、第4実験では1.2倍に増加後9/10に減少した。このようにいずれの実験でも有意な効果が認められた。特に還元能力の小さい坑井ほど効果が大きかった。ただし発破を繰返しているうちに、一度増大した還元能力が再び低下し、最終的には最初よりも悪くなる場合が多かった。この原因の1つは発破によって剥離したスケ-ルが沈積し、かえってストレ-ナ-や逸水層の目詰まりを生じたものと考えられる。以上のように、本方法にはまだ問題点も多く、技術的に確立された方法とは云い難い。改善すべき主な点は、ジェットパ-フォレ-タ-を360°任意の方向に装填できるような新型キャリヤ-を開発するとともに、発破後の固形物による目詰まりを防ぐために、それらを効果的に回収する方法を開発することである。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
北海道地熱・温泉ボーリング井索引図 by 北海道立地下資源調査所
11
北海道地熱・温泉ボーリング井データ集 by 北海道立地下資源調査所
12
地熱
10.
北海道地熱・温泉ボーリング井索引図 by 北海道立地下資源調査所
11.
北海道地熱・温泉ボーリング井データ集 by 北海道立地下資源調査所
12.
地熱