高性能沸騰伝熱面の伝熱促進機構

閲覧数: 26
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

高性能沸騰伝熱面の伝熱促進機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
THE MECHANISM OF AUGMENTATION HEAT TRANSFER AT HIGH PERFORMANCE BOILING SURFACES
責任表示:
伊藤 猛宏(九州大学・工学部・教授)
ITO Takehiro(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1989
概要(最新報告):
1.高性能伝熱面の基本特性試験 (1)ALNスパッタリング面 ALN粒子1層の電熱面をスパッタリング法で試作し、3種類の沸騰液体R113:R12及び液体窒素で試験を行って、我々の予測式[1]による計算値と比較検討した。この方法で製作できる粒子は直径がやや細かく、性能的には物足りないが、現状では最適粒子径と考えられる100[μm]程度の大きな粒子の層を作ることが困難である。 (2)ブロンズ粒子焼結面 層の厚さ約5層の最適に近いと考えられる条件で試作した粒子焼結面で大気圧の液体窒素及び高圧のR12で試験して予測値と比較するとともに伝熱促進特性の検討を行なった。 (3)アルミニウム溶射面 アルミニウム粉末を銅管に溶射することで伝熱面を試作し、液体窒素で試験を行なった。溶射は製法も容易で薄い粒子層のコ-ティングが可能であるが、粒子間の隙間を確保する事および100[μm]程度以上の大きな粒子の層を作ることが難しく、出来上りの当り外れが大きい欠点が有る。液体窒素に対しては最適粒子径が70[μm]程度と予測され、この方法で伝熱促進性能の優れた伝熱面を作製出来た。 2.伝熱過程の解析と熱伝達整理式 粒子焼結面における伝熱性能におよぼす粒子径の影響、および粒子層厚さの最適値の考察を行なった。さらに沸騰液体の熱輸送特性の尺度としてバ-ンアウト熱流束q。を使用し、焼結面の沸騰伝熱促進特性を考察するとともに整理式の定式化を試みた。 文献[1]伊藤、田中、玉利、日本機械学会論文集(B編)、55-513(1989)。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
圧縮液領域のヘリウムIIの熱伝達 by 伊藤 猛宏; ITO Takehiro
6
フロンおよびその代替熱媒体の沸騰熱伝達特性の比較 by 内田 悟; UCHIDA Satoru; 大田 治彦
6.
フロンおよびその代替熱媒体の沸騰熱伝達特性の比較 by 内田 悟; UCHIDA Satoru; 大田 治彦
10.
圧縮液領域のヘリウムIIの熱伝達 by 伊藤 猛宏; ITO Takehiro