高分子1液晶ハイブリット型超薄膜のマイクロエレクトロニクスへの応用

閲覧数: 13
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

高分子1液晶ハイブリット型超薄膜のマイクロエレクトロニクスへの応用

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
Application for Micro-electronics of Polymer/(Liquid Crystal) Hybrid Thin Films
責任表示:
梶山 千里(九州大学・工学部・教授)
KAJIYAMA Tisato(九州大学・工学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1989
概要(最新報告):
1.高分子/液晶ハイブリッド型超薄膜の作製と凝集構造 アモルファス高分子とシアノブフェニル系低分子液晶を共通溶媒に溶解し、溶媒キャスト法により高分子/液晶ハイブリッド型超薄膜を作製した。形態学的観察、熱的測定によりハイブリッド型超薄膜内で液晶は高分子の三次元網目構造内に連続相として保持された特異な相分離凝集状態となっていることが明らかになった。溶媒蒸発速度等の製膜過程での動力学的な効果が液晶の相分離ドメインサイズに大きく影響を及ぼすことが明らかになった。 2.高分子/液晶ハイブリッド型薄膜の誘電的解析と光散乱に基づく電気光学効果 高分子と液晶が1μm〜10μmのオ-ダ-で相互に入り組んだ凝集構造の時、ハイブリッド型薄膜は顕著な光散乱状態となった。膜面垂直方向の電界のOFF-ONにより可逆的な光散乱-光透過スイッチング機能が発現した。光スイッチング機能の発現には、液晶ダイレクタ-の存在が必要不可欠であることを証明し、従来までに報告例のない新規な原理に基づくことを示した。本補助金により購入したインピ-ダンスアナライザ-を用いた誘電的解析により、光スイッチング速度はマトリックス高分子の誘電率と電気伝導度に依存することが明らかとなった。誘電的解析結果に基づいて、マトリックス高分子の電気的性質を改質することにより、応答特性を著しく向上させることができた。ハイブリッド型薄膜を用いた表示機能は、従来の液晶表示素子と比較して、1)明るい、2)広視野角、3)立ち下がり応答が速い、4)大面積化が可能、5)フレキシブル、等の長所を有し、大面積、超薄型液晶スクリ-ンとしてマイクロエレクトロニクスへの応用展開が期待されている。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

2
曲面表示が可能な大面積液晶表示素子の開発 by 菊池 裕嗣; KIKUCHI Hirotsugu; 梶山 千里
8
低消費電力自発光液晶システムの構築 by 又賀 駿太郎; MATAKA Shuntaro
2.
曲面表示が可能な大面積液晶表示素子の開発 by 菊池 裕嗣; KIKUCHI Hirotsugu; 梶山 千里
8.
低消費電力自発光液晶システムの構築 by 又賀 駿太郎; MATAKA Shuntaro