B16マウス黒色腫において転移能変化に伴い発現変化する新種アクチンの構造機能解析

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

B16マウス黒色腫において転移能変化に伴い発現変化する新種アクチンの構造機能解析

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
貞野 宏之(九州大学・生体防御医学研究所・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988
本文を見る

類似資料: