散乱体表面の反射率を考慮した解析による任意形状物体の電磁波利用センシングの研究

閲覧数: 2
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

散乱体表面の反射率を考慮した解析による任意形状物体の電磁波利用センシングの研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
吉富 邦明(九州大学・工学部・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988
本文を見る

類似資料:

8
レーダー高度計による海洋波探査法の開発 by 吉富 邦明; YOSHITOMI Kuniaki; 立居場 光生
9
不規則媒質中の標的探査に関する基礎研究 by 吉富 邦明; YOSHITOMI Kuniaki; 立居場 光生; TATEIBA Mitsuo
8.
レーダー高度計による海洋波探査法の開発 by 吉富 邦明; YOSHITOMI Kuniaki; 立居場 光生
9.
不規則媒質中の標的探査に関する基礎研究 by 吉富 邦明; YOSHITOMI Kuniaki; 立居場 光生; TATEIBA Mitsuo