六フッ化硫黄を用いた衝撃波の擬正常反射に関する研究

閲覧数: 3
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

六フッ化硫黄を用いた衝撃波の擬正常反射に関する研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
青木 俊之(九州大学・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988
本文を見る

類似資料:

8
凹面板から反射する衝撃波の収束 by 岸下, 晴亮; KISHIGE, H
9
衝撃波の斜め反射に関する研究 by 平原, 裕行; HIRAHARA, H
10
衝撃波のマツハ反射に関する研究 by 青木, 俊之; AOKI, TOSHIYUKI
5
擬定常流れにおける衝撃波の正常反射からマッハ反射への遷移 by 松尾, 一泰; 青木, 俊之; 近藤, 信昭; 生井, 武文; Matsuo, Kazuyasu; Aoki, Toshiyuki; Kondo, Nobuaki; Ikui, Takefumi
5.
擬定常流れにおける衝撃波の正常反射からマッハ反射への遷移 by 松尾, 一泰; 青木, 俊之; 近藤, 信昭; 生井, 武文; Matsuo, Kazuyasu; Aoki, Toshiyuki; Kondo, Nobuaki; Ikui, Takefumi
8.
凹面板から反射する衝撃波の収束 by 岸下, 晴亮; KISHIGE, H
9.
衝撃波の斜め反射に関する研究 by 平原, 裕行; HIRAHARA, H
10.
衝撃波のマツハ反射に関する研究 by 青木, 俊之; AOKI, TOSHIYUKI