推論による学習の基礎研究

閲覧数: 5
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

推論による学習の基礎研究

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
有川 節夫(九州大学・理学部・教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988
概要(最新報告):
本研究の目的は,学習の様々な局面で活用される各種推論について、理論的に定式化し、それを計算可能なレベルまで導き、さらに効率化することである。この目的を達成するために、本年度は次の各点に重点を置き、基礎となる成果を得た。 (1)類推理論の拡張・原口・有川により確定節を対象にして展開されていた類推の理論を、推論結果に妥当性という概念が自然に導入できるように、また最近注目されているdeterminationの概念も含めることができるように拡張した。さらに、原口・有川による類推和を帰納推論の観点から捉え、類推のもとになるペアリングを帰納推論する方式を得た。 (2)帰納推論の研究。大人の学習をモデル化して、学習の出発点になる知識を類推により獲得し、それに双方向の精密化を適用する帰納推論の方式を提案し、その方式の完全性を証明した。また、形式言語の帰納推論を統一的に扱え、モデル推論の手法も適用できる枠組みを基本形式的体系を利用して支えた。 (3)デフォールト推論の研究。デフォールト推論における拡張集合を逐次的に求められるようにして、信念修正の問題を帰納推論の観点から究明した。 (4)不完全情報を含む知識ベースの研究。節形式のOr型の不完全情報を含む知識ベースからの推論方式を提案し、その意味論を展開した。 (5)推論の並列化と並列計算量。推論における逐次的部分を高度に並列化する方式を提案し、推論システムにおける並列性の抽出のための方法論を展開した。また、多くの問題が、効率的に並列化できないことを示す(すなわち、P完全であることを示す)強力な定理を得た。 (6)学習による言語翻訳。類推システムとの間のホーン節と日本語文のインターフェースで学習機能をもつものを開発した。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

10
実験研究の意義と役割 by 巌佐 庸; IWASA Yoh
5
学習アルゴリズムによる機械発見 by 有川 節夫; ARIKAWA Setsuo
11
現象分析における統計解析法の研究 by 浅野 長一朗; ASANO Chooichiro
4.
類推を用いる知識情報処理システムの開発 by 有川 節夫; ARIKAWA Setsuo
5.
学習アルゴリズムによる機械発見 by 有川 節夫; ARIKAWA Setsuo
10.
実験研究の意義と役割 by 巌佐 庸; IWASA Yoh
11.
現象分析における統計解析法の研究 by 浅野 長一朗; ASANO Chooichiro