HLAクラスII遺伝子群の発現制御機構

閲覧数: 12
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

HLAクラスII遺伝子群の発現制御機構

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
責任表示:
木村 彰方(九州大学・生体防御医学研究所・助手)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988
概要(最新報告):
B細胞株、活性化T細胞株、T細胞株、線維芽細胞株などヒト由来の種々の細胞株ならびに末梢血リンパ救を用いたFAcs、ノザーン-ブロット解析を行なった。HLA-DQ分子はDR分子に比して、恒常的発現、γインターフェロンによる発現いずれの場合にも発現量が低かった。DQαはDRαの5〜10%、DQβはDRβの20〜30%しか発現せず、転写レベルでの遺伝子特異的発現調節が認められた。γインターフェロン誘導性発現に対するTNFα、IL-b、INFα、β等のサイトカインの効果もDR、DQそれぞれα、β遺伝子毎に異なっていた。この発現量の差ならびにサイトカイン反応性の差をもたらす要素を同定するためにHLA-DW12ハプロタイプよりそれぞれの遺伝子を単離しプロモーター領域の塩基配列を比較したところ、各遺伝子とも上流-300 N-100領域にのみ相同性の高い領域が認められたため、この領域が組織特異的発現に関与すると推定された。種々の細胞株より核抽出液を調整しゲルシフト法、フットプリント法を行なった結果、全ての細胞株よりY60X結合核蛋白が検出された。結合競合実験から、Y60X結合核蛋白はCTFに類似していると推定されたが、サウスウエスタン、ブロッティングから、細胞株毎に大きさの異なる核蛋白群により構成されると考えられた。DQα遺伝子ではY60X内に1塩基置換が存在するが、このためY60X結合核蛋白への親和性が低かった。このことがDQαがDαに比して低い発現を示す要因の1つと考えられた。W-X60X領域では、B、T線維芽細胞それぞれにおいて、異なった核蛋白が結合することがフットプリント法によって示された。またCAT融合遺伝子を用いた解析から、組織特異的発現、インターフェロン誘導性にはDRα、DQα、DQβそれぞれ250bp、400bp、450bpで充分であることがわかった。また同領域はTNFα反応性も同等に規定していた。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

1
HLAクラスII遺伝子の異所性発現調節機構 by 木村 彰方; KIMURA Akinori
1.
HLAクラスII遺伝子の異所性発現調節機構 by 木村 彰方; KIMURA Akinori