体外灌流法による鶏卵巣の排卵に対する神経伝達物質及びプロスタグラジンの影響

閲覧数: 21
ダウンロード数: 0
このエントリーをはてなブックマークに追加

体外灌流法による鶏卵巣の排卵に対する神経伝達物質及びプロスタグラジンの影響

フォーマット:
助成・補助金
Kyushu Univ. Production 九州大学成果文献
タイトル(他言語):
The effects of catecholamines and prostaglandins on ovulation in the perfused ovary
責任表示:
田中 耕作(九州大学・農学部・助教授)
TANAKA Kousaku(九州大学・農学部・助教授)
本文言語:
日本語
研究期間:
1988-1989
概要(最新報告):
白色レグホン系コマ-シャル産卵鶏の卵巣を、推定排卵時刻の16-18時間前に摘出し、体外で灌流した。灌流方法は、人工血益、ガス交換器、灌流液輸送ポンプ及び卵巣チャンバ-を主体とする複式循環灌流方式を用いて行なった。テスト物質は灌流液に添加し、排卵との関連を検討した。その結果は次の通りである。 1.テストステロン(200μg/l)を灌流液に添加した結果、最大卵胞の排卵率は83%で、プロジエステロンと同様の値が得られた。しかしテストステロンの場合は、このホルモンが卵巣内でプロジェステロンに変換され、排卵が誘起された可能性があり、今後研究が持たれる。 2.神経伝達物質であるエピネクリン及びノルエピネフリンは共に排卵誘起作用は高く、LH-FSHによるものと同様の効果が認められた。しかし、カテコ-ルアミンの生産阻害剤であるディベナミンは、LH-FSHの誘起排卵作用を一部阻害したにすぎなかった。したがって、これらカテコ-ルアミンは、鶏の排卵に対して直接的な作用はないものと推定された。また、添加量が生理的量をはるかに超過した時にのみ有効であったことは、上記の推論を支持するものである。 3.インドメタシン(20mg/l)を灌流液に入れ、30分後LH-FSHを添加したところ、排卵が誘起された。しかし、その値は低く、LH-FSH単独投与との間の5%レベルで有意差がみられた。 以上、本実験条件下においては、エピネフリン及びノルエピネフリンは鶏の卵巣に間接的に作用し排卵を誘起することが認められた。一方、プロスタグランジンF2α及びE_2も鶏の排卵誘起にある程度の効果を示したが、インドメタシンの投与効果が少ないことなどを総合すると、この物質も鶏の排卵に対しては直接的な作用はないものと推定される。しかしこれら活性物質と排卵との間の作用機序については不明である。 続きを見る
本文を見る

類似資料:

7
食品成分の免疫調節機構に関する研究 by 山田 耕路; YAMADA Koji
8
鶏の未受精卵への核移植 by 田中 耕作; TANAKA Kousaku
11
Mode of Action of Steroid Hormones, Catecholamines and Hexose Oximes on DNA by Shinohara, Kazuki; Omura, Hirohisa; Fukumoto, Yuji; Torikai, Yoshihide; Yamafuji, Kazuo; 篠原, 和毅; 大村, 浩久; 鳥飼, 芳秀; 山藤, 一雄
12
The control of the ovarian cycle in the sheep by Robinson, T. J. (Terence James)
7.
食品成分の免疫調節機構に関する研究 by 山田 耕路; YAMADA Koji
8.
鶏の未受精卵への核移植 by 田中 耕作; TANAKA Kousaku
11.
Mode of Action of Steroid Hormones, Catecholamines and Hexose Oximes on DNA by Shinohara, Kazuki; Omura, Hirohisa; Fukumoto, Yuji; Torikai, Yoshihide; Yamafuji, Kazuo; 篠原, 和毅; 大村, 浩久; 鳥飼, 芳秀; 山藤, 一雄
12.
The control of the ovarian cycle in the sheep by Robinson, T. J. (Terence James)